ニコル・オレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレームを描いた細密画(フランス国立図書館

ニコル・オレーム(Nicole Oresme または Nicolas d'Oresme 、1323年頃 - 1382年7月11日)は14世紀フランスの最も優れた哲学者のひとりであり、その活動範囲は広くあらゆる分野に及んだ。「14世紀のアインシュタイン」と呼ばれる。貨幣に関する著書、数学天文学に関する多くの著書がある。アリストテレスの著書をフランス語に訳したことでも知られる。天文学の分野では『天体・地体論』の中で、アリストテレスらの、地動説へのさまざまな反論に対して反証をあげて、地動説を否定することができないことを示した。それにもかかわらず地動説も天動説も明証的ではないので、自らは天動説を信じるという立場をとった。

ノルマンディー地方のアルマーニュ(現フルーリィ=スュル=オルヌ Fleury-sur-Orne) 村に生まれた。パリ大学のナヴァール学寮で学んだ。スコラ学派のジャン・ビュリダンやザクセンのアルベルト(アルベルトゥス・デ・サクソニア)らと学んだ。パリで神学を学び、学識が高いという評判は、フランス王家の注目を得て、後のフランス王シャルル5世の知遇を得た。シャルル5世の側近として仕え、その貨幣改革に理論的裏付けを与えた。1361年にルーアンの司教代理となり、1377年にノルマンディーのリジュー の司教になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]