ニコス・スカルコッタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコス・スカルコッタスNikos SkalkottasNίκος Σκαλκώτας1904年3月21日 - 1949年9月19日)はギリシャ作曲家

エウボイア島カルキス出身。アテネ音楽院ヴァイオリンを学んだ後、1921年からドイツベルリンに留学し、ヴィリー・ヘスに師事した。1923年から作曲に転向し、パウル・ユオンクルト・ワイルフィリップ・ヤルナッハについて学んだ。1927年から1930年の間、アルノルト・シェーンベルクのマスタークラスに参加している。1933年に帰国。 帰国後の作品は十二音技法で書かれたものも多いが、「36のギリシア舞曲」など民族主義的な技法で書かれたものもある。ラルゴ・シンフォニコ、妖精劇「五月祭りの呪文」組曲、交響曲「オデュッセウスの帰還」、ヴァイオリン協奏曲コントラバス協奏曲ピアノ協奏曲(1~3番)などの作品がある。

外部リンク[編集]