ナノカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナノカーの構造式

ナノカー英語:nanocar)は、アメリカ合衆国テキサス州ライス大学ジェームス・ツアー教授の研究グループにより開発された分子髪の毛の太さの約2万分の1の大きさである。

形が車に似ている事から「ナノカー」と命名された。

シャーシと車軸は、主にベンゼン環とアセチレン結合からなり、薗頭反応により組み立てられる。車輪部分には4個のフラーレン C60 、もしくは p-カルボラン C2B10が用いられる。車軸に含まれる炭素-炭素の単結合は回転が可能なので、車輪が回転して動くことが期待された分子設計である。このナノカーは金表面上をまっすぐに動くことがSTMにより観察されている。シャーシの部分に人工分子モーターアゾベンゼンの構造を導入し、光や熱で動力を与える試みも行われている。

参考文献[編集]

  1. 総説: Shirai, Y.; Morin, J.-F.; Sasaki, T.; Guerrero, J. M.; Tour, J. M. Chem. Soc. Rev. 2006, 35, 1043-1055. DOI: 10.1039/b514700j
  2. Shirai, Y.; Osgood, A. J.; Zhao, Y.; Kelly, K. F.; Tour, J. M. Nano Lett. 2005, 5, 2330-2334. DOI: 10.1021/nl051915k
  3. Morin, J.-F.; Shirai, Y.; Tour, J. M. Org. Lett. 2006, 8, 1713-1716. DOI: 10.1021/ol060445d
  4. Shirai, Y.; Osgood, A. J.; Zhao, Y.; Yao, Y.; Saudan, L.; Yang, H.; Yu-Hung, C.; Sasaki, T.; Morin, J.-F.; Guerrero, J. M.; Kelly, K. F.; Tour, J. T. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 4854-4864. DOI: 10.1021/ja058514r
  5. Sasaki, T.; Tour, J. Org. Lett. 2008, 10, 897-900. DOI: 10.1021/ol703027h

関連項目[編集]

  • ナノプシャン - 構造式が人に似ている。ツアー教授の研究グループが開発。
  • ペンギノン - 構造式がペンギンに似ている。

外部リンク[編集]