ナタン・イェリン=モル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスラエルの旗 イスラエルの政治家
ナタン・イェリン=モル
נתן ילין-מור
Nathan Yellin-Mor.jpg
1956年、ナタン・イェリン=モル
生年月日 1913年
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国グロドノ
没年月日 1980年2月19日
所属政党 戦士達の名簿(Fighters List)
任期 1949年 - 1951年
テンプレートを表示

ナタン・イェリン=モルヘブライ語: נתן ילין-מור英語: Nathan Yellin-Mor、出生時の名前はナタン・フリードマン=イェリン英語: Nathan Friedman-Yellin1913年 - 1980年2月19日)は、修正シオニズム活動家。レヒの指導者。イスラエルの政治家。

後年、彼は徹底的な平和主義者となり、アラブ・イスラエル紛争におけるPLOとの交渉を支持し、大きな譲歩案を提示するなどしている。

フリードマン=イェリンはロシア帝国グロドノ(現ベラルーシ領、ベラルーシ語ではフロドナ)に生まれた。彼はワルシャワ工科大学Warsaw University of Technology)で工学を学び、ポーランドでベタル(シオニズムの青年運動)とイルグンに参加した。1938年から1939年の間、彼はアヴラハム・シュテルン(ヤイール)と共に、ポーランドのイルグンの新聞である『ディ・タト(国家)』の共同編集に参加していた[1]

彼はシュテルンと共に、当時イギリス統治領だったパレスチナに密か移住し、レヒに入団した。1941年12月、彼はナチスの代表に会い、イギリスと対立するナチスの力になる代わりに、東欧のユダヤ人の多くを解放する交渉を行うため、トルコに向かうことを決めた。彼の作戦は、彼がシリアで拘束されたことで頓挫してしまった。本国へ送還された後も、彼は19人の仲間と共に70メートルのトンネルを掘ったラトルン(Latrun)で、イギリス当局に拘留されたが、1943年には脱走した。アヴラハム・シュテルンの死後、彼はレヒの三頭体制のリーダーの1人となり、レヒの思想の指南役だったイスラエル・エルダド、作戦を指揮したイツハク・シャミルと方を並べる存在となった[1]。イェリン=モルはレヒの政治的な利益を計った。

1949年の写真。中央がナタン・イェリン=モル。釈放後、アッコ刑務所の前で。
レヒ構成員の指名手配写真。右端の人物がイェリン=モル

彼はウォルター・モイン(モイン卿、Lord Moyne)殺害計画の発案者の1人だった。彼はイギリスへの反発を国際的背景に見て、「パレスチナ・アラブ人」[2]や他のアラブ人など、反植民地主義者(反英主義者)の力を借りて共同作戦を行うことを唱導した。デイル・ヤシーン事件の後、彼はエルダドとは対立することになった[3]

1948年に彼は、戦闘者リスト(Fighters List)という政党を立ち上げた。そして、政党はクネセト選挙(第一クネセト)で1議席を獲得し、彼は当選を果たした。1949年から1951年まで彼は国内問題委員会のメンバーとなった。1949年、彼は1948年の国連大使のフォルケ・ベルナドッテの暗殺事件について有罪判決を受けた。しかし、彼の政党が議席を得たことで、彼は特赦を受けた[3]

1949年に彼はパレスチナの分割について、「祖国を物々交換に出すようなもの」と批判した。そして、「パレスチナ人の帰還権利」については反対した[4]。後に彼は左派寄りに向かうこととなり、ソ連寄りの外交政策を主張したため、一部の元レヒ軍人らはソヴィエト寄りの姿勢に戻った。彼はまた、心機一転する形で後生を「パレスチナ人」との和解とPLOとの交渉の働きかけに捧げた[3],[5]

関連書籍[編集]

  • Yellin-Mor, Nathan (1974). Fighters for the Freedom of Israel – Personalities, Ideas, and Adventures. Jerusalem: Shiḳmonah.  (ヘブライ語)
  • Yellin-Mor, Nathan (1990). The ere years. Tel Aviv: Kineret. ISBN 9789652862372.  (ヘブライ語)

脚注[編集]

  1. ^ a b Daves, Bryan. “Natan Yellin-Mor”. Answers.com. 2008年6月6日閲覧。
  2. ^ 「イスラエルの地のユダヤ人」「イスラエル国家」の対義語
  3. ^ a b c Shindler, Colin (2001). The Land Beyond Promise: Israel, Likud and the Zionist Dream. I.B.Tauris. pp. pp. 182-183. ISBN 186064774X. 
  4. ^ Shavit, Jacob; Yaacov Shavit (1987). The New Hebrew Nation: A Study in Israeli Heresy and Fantasy. Routledge. pp. p. 148. 
  5. ^ http://www.counterpunch.org/abourezk06062008.html James Abourezk,'Name That Terrorist', Counterpunch June 6, 2008

関連項目[編集]

外部リンク[編集]