ドロタ・ケンジェルザヴスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロタ・ケンジェルザヴスカ
Dorota Kędzierzawska
生年月日 1957年6月1日(57歳)
出生地 ポーランドの旗 ポーランド
職業 脚本家映画監督

ドロタ・ケンジェルザヴスカDorota Kędzierzawska [dɔˈrɔta kɛɲd͡ʑɛˈʐafska]、1957年6月1日 - )は、ポーランド映画監督女性。ケンジェジャフスカとも表記する。

人物[編集]

ポーランドの女性の映画監督。ウッチ生まれ。ウッチの国立映画学校で映画を学んだ後、モスクワの映画研究所で制作演出を学ぶ。1991年に『DIABLY DIABLY』で長編映画を制作し、名が知られる。

1994年にキャメリメージ国際映画撮影技術祭でグランプリに輝いた『からす達』や『NIC』(1998年)など、子供たちや社会問題を扱った作品には定評がある。他には『僕がいない場所』『木洩れ日の家で』など。

また自身の作品に子供を扱った内容が多いことについて、「映画を撮り終えた時、次は大人を主人公にした作品にしようと考えるのだが、やはり子供の話を撮ってしまう」と語っている。

外部リンク[編集]