ドメニコ・マルティネッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドメニコ・マルティネッリ(Domenico Martinelli、1650年11月30日 - 1718年9月11日)は、イタリア人建築家都市計画家

カルロ・フォンタナの弟子で、1678年ローマに赴き、サン・ルーカ・アカデミーで透視法の教授となる。1690年には、オーストリアへ行き、ウィーンでリヒテンシュタイン大公の宮殿(1698年、現・現代美術館)を設計する。その後、神聖ローマ皇帝・オーストリア大公レオポルト1世の命により、ワルシャワへ赴き、その後プラハへ、いくつかの公共建築設計と都市計画に従事する。1701年には、スターンベルグ宮殿を手がける。

北欧諸国でのバロック発展に貢献。晩年は、イタリアに戻り、個人住宅の設計活動にいそしむ。

参考文献[編集]

  • Gallion, Arthur B. & Eisner. Simon : The Urban Pattern, D. Van Nostrand Company, Inc., 1950
  • Perry, Clarence A. : The Neighborhood Unit-Neighborhood Community Planning, New York, Committee on Regional Plan of New York and Its Environs, 1929 Feder, Gottfried.. Die Neue Stadt, 1939