トロイリ鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロイリ鉱
分類 硫化鉱物
化学式 FeS
結晶系 六方晶系
へき開 なし
断口 不定
モース硬度 3.5 - 4
光沢 金属光沢
ブロンズ色
条痕 灰黒色
比重 4.58 - 4.65
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

トロイリ鉱(Troilite、トロイライト)は、硫化鉱物である。

概要[編集]

化学組成はFeS、比重は4.61、モース硬度は3.5-4で、結晶は六方晶系である。新鮮な表面は灰褐色だが、空気中では速やかに酸化してブロンズ色となる。

磁硫鉄鉱と組成が似ているが、磁硫鉄鉱と違って強磁性はない。これは、鉄の空位が存在しないからである。

産出[編集]

単純な組成だが、地球上では珍しい鉱物である。隕石中には普通に存在し、カマサイトテーナイト中に肉眼的な粒として含まれる。

1862年グスタフ・ローゼにより、1766年にイタリアへ落下したAlbareto隕石から発見され、この隕石の落下に関する報告書を残したイエズス会士ドメニコ・トロイリにちなみ命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]