トルコ沿岸警備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トルコ沿岸警備隊(-えんがんけいびたい : Sahil Güvenlik)は、トルコ沿岸警備隊密輸の阻止を始め、救難活動、環境保護などトルコ沿岸の安全と治安に責任を持つ。前身はオスマン帝国時代の1859年に設立されている。平時はトルコ内務省の指揮下にあるが、戦時にはトルコ海軍の指揮を受ける。

概要[編集]

1956年にジャンダルマに統合されたが、1982年にジャンダルマから再分離し、1985年には指揮権が内務省に移管された。

人員は約1,100名で構成され、本部はアンカラにある。トルコ沿岸を黒海エーゲ海地中海、海峡部(マルマラ海ボスポラス海峡など)に4区分し、それぞれに部隊を配置している。特にエーゲ海地区はギリシャとの緊張関係にあるため、その排他的経済水域の確保には、注意が払われている。

52隻の哨戒艇と少数の航空機を保有しており、400トンクラスの新型艇の導入計画がある。哨戒艇の船体色の基調は、白で赤色の帯が付けられている。なお、各哨戒艇は、40mm機銃などの武装が行われている。

外部リンク[編集]