デュボネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dubonnet

デュボネとは、混成酒の1種。しばしばアペリティフとして飲用される[1]。また、ストレートやオン・ザ・ロックの他、カクテルの材料として使われることもある。

概要[編集]

販売元はデュボネ社[2]。赤ワインにキナの皮を漬け込み、樽で熟成することで製造される。アルコール度数は16度[1]

なお、ホワイトも存在する[3]

飲用法[編集]

導入のとおり、その香味からアペリティフとして飲用される。また、デュボネを利用したカクテルには、同名のカクテルである「デュボネ」(「ザザ」とも)や「デュボネ・フィズ」がある。

デュボネ・カクテル[4]ザザ[5]
デュボネ、ドライ・ジンをそれぞれ1/2ずつ。ステアであればデュボネ・カクテル、シェイクであればザザとなる。
デュボネ・シトロン[6]
デュボネ = 30ml、レモン・シロップ = 30mlを混ぜたものをタンブラー(容量240〜300ml程度)に注ぎ、よく冷やした適量の炭酸水でグラスを満たせば完成である。
デュボネ・フィズ
オレンジ・ジュース(果汁を絞ったもの)半個分、レモン・ジュース(果汁を絞ったもの)1/4個分、チェリー・ブランデーを1ティースプーン、デュボネ1グラス分をシェークし、ミディアムサイズ・グラスに注いだのち、ソーダ水を満たす。

なお、(デュボネのラベルにも書かれていることだが)ストレート、オン・ザ・ロック、カクテル、いずれの飲み方でも、必ず冷やして飲む[7] [8]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b カクテル大辞典800 p299
  2. ^ カクテルの辞典 p87
  3. ^ カラーブックス 828 洋酒入門 p.42
  4. ^ サヴォイ・カクテルブック p62
  5. ^ サヴォイ・カクテルブック p181
  6. ^ 浜田 晶吾 監修 『カクテル教室』 p.42、p.43、p.170 日東書院 1971年7月10日発行
  7. ^ カラーブックス 828 洋酒入門 p.141
  8. ^ 吉田 芳二郎 『カラーブックス 154 洋酒入門』 p.123 保育社 1968年8月1日発行

参考文献[編集]