デニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニール(denier)
記号 D
非SI単位(規約量)
線密度、繊度、糸の太さ
定義 9000 m あたり 1 g である糸の太さ
テンプレートを表示

デニール(denier, 記号:D)は、線密度、繊度繊維の太さの単位である。

「太さ」は長さの次元であるので、メートルを用いて表記するのが標準的である。しかし、糸は非常に細くかつ柔かいので、計測が困難である。そこで、一定の長さの質量によって太さを表すということが行われる。すなわち、糸の材質を決めれば密度(=質量/(長さ×断面積))は一定であるので、長さを一定にすれば断面積の違いだけが残るということである。

1デニールは、9000メートルの糸の質量をグラム単位で表したものである。などの生糸やレーヨンナイロンなど合成繊維の太さを表すのに用いられる。単位の名称は、フランス語の貨幣denierに由来する。

なお、デニールの定義の9000メートルを1000メートルにした単位(1000メートルあたり1グラムの糸の太さ)をテクス(tex)という。テクスは、textile(英語で織物、布の意味)に由来する。