ディエゴ・ブランダオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディエゴ・ブランダオン
Diego Brandao BJJ.png
基本情報
本名 ディエゴ・ペレイラ・ブランダオン
(Diego Pereira Brandao)
通称 DB
セアラ (Ceara)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1987年5月27日(27歳)[1]
出身地 セアラー州フォルタレザ[1]
所属 ジャクソンズMMA
身長 170cm
体重 66kg
リーチ 175cm
階級 フェザー級
スタイル ブラジリアン柔術
テーマ曲 Sandstorm (Darude)
テンプレートを表示

ディエゴ・ブランダオンDiego Brandao、男性、1987年5月27日 - )は、ブラジル総合格闘家セアラー州フォルタレザ出身。ジャクソンズMMA所属。ブラジリアン柔術黒帯。TUFシーズン14フェザー級優勝。

来歴[編集]

父親が亡くなった14歳のときに、ブラジリアン柔術を始めた。2005年、家族の生活費を稼ぐために16歳でプロ総合格闘技デビュー[2]

The Ultimate Fighter[編集]

2011年リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン14に参加。マイケル・ビスピン率いるチーム・ビスピンに所属。フェザー級トーナメント1回戦でチーム・ミラーのスティーブン・サイラーをKO勝ちで下し、準決勝ではブライアン・キャラウェイにKO勝ちを収め決勝進出を果たした。

2011年12月3日、The Ultimate Fighter 14 Finaleのフェザー級トーナメント決勝でデニス・バミューデスと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め優勝。ファイト・オブ・ザ・ナイトとサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

UFC[編集]

2012年5月26日、UFC本戦初出場となったUFC 146ダレン・エルキンスと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2013年12月28日、UFC 168ダスティン・ポイエーと対戦し、パウンドでKO負け。この試合はブランダオンの体重超過により151.5ポンド契約で行なわれた。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
26 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
17 8 5 4 0 0 0
9 5 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ダスティン・ポイエー 1R 4:54 KO(パウンド) UFC 168: Weidman vs. Silva 2 2013年12月28日
ダニエル・ピネダ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night 26 2013年8月17日
パブロ・ガーザ 1R 3:27 肩固め UFC on Fuel TV 9 2013年4月6日
ジョーイ・ガンビーノ 5分3R終了 判定3-0 UFC 153: Silva vs. Bonnar 2012年10月13日
× ダレン・エルキンス 5分3R終了 判定0-3 UFC 146: Dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
デニス・バミューデス 1R 4:51 腕ひしぎ十字固め The Ultimate Fighter 14 Finale
【フェザー級トーナメント 決勝】
2011年12月3日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ディエゴ・ブランダオン SHERDOG 2012年2月27日閲覧
  2. ^ ディエゴ・ブランダオ UFC公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]