テレーゼ・フォン・リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルンのテレーゼ王女

テレーゼ・マリア・ヨーゼファ・マルタ・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタインTherese Maria Josepha Martha von und zu Liechtenstein, 1850年7月28日 - 1938年3月13日)は、ドイツボヘミア系の大貴族リヒテンシュタイン家の侯女。

リヒテンシュタインアロイス2世とその妻の伯爵令嬢フランツィスカ・キンスキーの間の第10子、九女として、マリア・エンツェルスドルフオーストリアニーダーエスターライヒ州)のリヒテンシュタイン城で生まれた。1882年4月12日にウィーンにおいて、バイエルン王子アルヌルフと結婚した。夫妻は間に一人息子ハインリヒ(1884年 - 1916年)をもうけたが、息子は第1次世界大戦で戦死した。