テオフィル・アレクサンドル・スタンラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(Pieter Dupontによるエングレービング、1901年)

テオフィル・アレクサンドル・スタンランThéophile Alexandre Steinlen, 1859年11月10日 - 1923年12月13日)は、スイス生まれのフランスアール・ヌーヴォー画家版画家

生涯[編集]

スタンラン『黒猫(ルドルフ・サリの黒猫の巡業)』(1896年)

スタンランはローザンヌの生まれで、地元のローザンヌ大学で学んだ。それから、フランス東部のミュルーズの織物工場で、デザインの練習生の職を得た。20代前半、スタンランはなおも画家としての修行を積んでいたが、フランソワーズ・ボシオン(en:François Bocion)に新妻ともども励まされて、パリモンマルトルの芸術家コミュニティに移った。そこでスタンランはアドルフ・ウィレット(en:Adolphe Willette)の世話になった。ウィレットはスタンランをキャバレー黒猫ル・シャ・ノワールen:Le Chat Noir)の芸術家の集まりに誘った。それがきっかけで、スタンランは、キャバレーのオーナー兼エンターテイナーのアリスティッド・ブリュアン(en:Aristide Bruant)や、他の企業のためのポスターの依頼を受けるようになった。

1890年代初期、スタンランの田園風景、花、ヌードを描いた絵が独立美術家協会(en:Société des Artistes Indépendants)に出展された。スタンランの1895年リトグラフ『Les Chanteurs des Rues(通りの歌手たち)』[1]は、Éditions Flammarion社出版の『Chansons de Montmartre(モンマルトルの歌)』の口絵に使われた。この本は、ポール・デルメ(Paul Delmet)のベル・エポックの歌につけられた16の書き下ろしのリトグラフを集めた本だった。スタンランはモンマルトルを終の家とした。その郊外は一生を通じてスタンランが好んだテーマで、その地域の生活の厳しすぎる側面もいくつか描いた。絵画やスケッチにくわえて、スタンランは彫刻を作った。テーマは限られていて、スタンランがこよなく愛し、スタンランのたくさんの絵画に登場する猫がその代表だった。

スタンランは『Le Rire』や『Gil Blas』といった雑誌のレギュラーになった。他にも多くの出版物に絵を提供した。その中には、スタンランが12人の仲間の画家たちと1911年に創刊した短命の雑誌『L'Assiette au Beurre』、『Les Humouristes』も含まれていた。1883年から1920年にかけて、スタンランは何百ものイラストを描いた。中には、偽名で描かれたものもあった。 社会悪を痛切に批判していたので、政治的問題を避けるためだった。

スタンランは1923年、パリで亡くなり、モンマルトルのサン・ヴァンサン墓地に埋葬された。現在、スタンランの作品は、ロシアサンクトペテルブルクエルミタージュ美術館アメリカワシントンD.C.ナショナル・ギャラリーなど、世界中の美術館で見ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ Centaur Art Galleries

外部リンク[編集]