チャールズ・レノックス (初代リッチモンド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代リッチモンド公チャールズ・レノックス(ゴドフリー・ネラー画)

初代リッチモンド公チャールズ・レノックス(Charles Lennox, 1st Duke of Richmond, KG, 1672年7月29日 - 1723年5月27日)は、イギリスフランスの貴族。イングランドチャールズ2世と愛人ルイーズ・ケルアイユの間の庶子。初代リッチモンド公オウビーニュイ公でレノックス家の祖。ダイアナ元皇太子妃の先祖の1人でもある。

1675年8月9日、僅か3歳で父からイングランド貴族のリッチモンド公、マーチ伯、セトリントン男爵に叙せられ、9月9日にはスコットランド貴族としてレノックス公、ダーンリー伯に叙せられた。1681年にガーター勲章を受勲、主馬頭に任じられ、1684年にフランス王ルイ14世からフランス貴族のオウビーニュイ公に叙爵されイングランドとフランスの貴族となった。

1685年に父が亡くなり叔父のジェームズ2世が即位すると主馬頭を解任されるもジェームズ2世の下でスコットランド海軍委員会に所属、1701年スコットランド海軍司令長官に任命されるも1705年に辞職、以後は政治活動から手を引いて趣味に明け暮れ、1723年に50歳で死去、息子のチャールズが爵位を継いだ。

1696年に所有したチチェスターの山荘はフリーメイソンの拠点ではないかと疑われていた。また、クリケットを一般的なスポーツとして広めようと積極的に支援、1697年1702年に大会を開催するまでになった。この性質は息子チャールズにも受け継がれ、2代に渡るクリケットのパトロンとして活動した。

子女[編集]

1692年、ブルデネル男爵フランシスの娘アンと結婚、3人の子を儲けた。

  1. ルイーズ(1694年 - 1716年) - バークレー伯ジェームズ・バークレーと結婚
  2. チャールズ(1701年 - 1750年)
  3. アン(1703年 - 1789年) - アルベマール伯ウィリアム・ヴァン・ケッペルと結婚

参考文献[編集]

公職
先代:
モンマス公
主馬頭
1681年 - 1685年
次代:
ダートマス男爵
先代:
ジェームズ2世
スコットランド海軍司令長官
1701年 - 1705年
次代:
モントローズ侯
イングランドの爵位
先代:
新設
リッチモンド公
1675年 - 1723年
次代:
チャールズ・レノックス
フランスの爵位
先代:
新設
オウビーニュイ公
1684年 - 1723年
次代:
チャールズ・レノックス