チャボタイゲキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャボタイゲキ
E peplus.jpg
分類APG III
: 植物界
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キントラノオ目 Malpigiales
階級なし : バラ類 Rosids
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: トウダイグサ属 Euphorbia
: チャボタイゲキ E. peplus
学名
Euphorbia peplus
L.
和名
矮鶏大戟(チャボタイゲキ)
英名
petty spurge[1][2] radium weed,[2] cancer weed,[2]milkweed[2]

チャボタイゲキ矮鶏大戟学名: Euphorbia peplus)は、ほとんどのヨーロッパ北アフリカ西アジア原産のトウダイグサ属植物の一種。大抵、農地庭園、その他の荒れた土地で生育する[1][3][4]

原産地域外では、非常に広範囲に帰化英語版しており、オーストラリアニュージーランド北米、その他の温帯および亜熱帯気候の国々で外来種となっている[1]

解説[編集]

チャボタイゲキは高さ5〜30センチメートルに生長する一年生植物であり(ほとんどは農業雑草として背丈が低く育つ)、滑らかで無毛の茎をもつ。は先の尖った楕円形で、長さ1〜3センチメートル、滑らかな縁部を有する。3つの放射状の散形花序を持つ緑色の花が咲く。トウダイグサ科に典型的な蜜腺は、長く薄い角 (horn) を持ちインゲンマメ形をしている[4]

医学的用途[編集]

この植物の汁は、急速に複製するヒトの組織に対して毒性があり、がんを含む一般的な皮膚の病変に対する伝統的治療薬として長い間使用されてきた[5]。活性成分はインゲノール 3-アンゲラートと呼ばれるジテルペンエステルである。インゲノール 3-アンゲラートを含むゲルは日光角化症の治療薬としてアメリカ食品医薬品局 (FDA) に認可された[5][6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Taxon: Euphorbia peplus L.” (2008年5月14日). 2012年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Hazel Dempster, Bronwen Keighery, Greg Keighery, Rod Randall, Bob Dixon, Bill Betts, Margo O’Byrne, Diane Matthews. “Euphorbia terracina Workshop Proceedings 2000”. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ Flora Europaea: Euphorbia peplus
  4. ^ a b Blamey, M. & Grey-Wilson, C. (1989). Flora of Britain and Northern Europe. ISBN 0-340-40170-2
  5. ^ a b Siller G, Gebauer K, Welburn P, Katsamas J, Ogbourne SM (2009). “PEP005 (ingenol mebutate) gel, a novel agent for the treatment of actinic keratosis: results of a randomized, double-blind, vehicle-controlled, multicentre, phase IIa study”. Australas J Dermatol 50 (1): 16–22. doi:10.1111/j.1440-0960.2008.00497.x. PMID 19178487. 
  6. ^ Lebwohl, M, et al. "Ingenol Mebutate Gel for Actinic Keratosis." N Engl J Med 366;11, March 15, 2012.
  7. ^ Leo Pharma, “LEO Pharma announces that Picato(R) (ingenol mebutate) gel has been approved by US FDA for once-daily, 2 or 3 day treatment of actinic keratoses” (プレスリリース), http://www.leo-pharma.com/Home/About-us/Media-Centre/News/LEO-Pharma-announces-that-Picato%C2%AE-%28ingenol-mebutate%29-gel-has-been-approved-by-US-FDA-for-once-daily--2-or-3-day-treatment-of-actinic-keratoses.aspx 2012年5月11日閲覧。 

関連項目[編集]