ダンチク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンチク
Arundo donax 1.jpg
ダンチク
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : ダンチク亜科 Arundinoideae
: ダンチク属 Arundo
: ダンチク A. donax
学名
Arundo donax
和名
ダンチク

ダンチク(暖竹、Arundo donax)は暖地の海岸近くに生育するイネ科の多年草。

別名アセまたはヨシタケヨシに似ているがはるかに大型で、高さは2-4メートルになり、も太くてのようになる。地下茎は短く横に這い、大きな株立ちになる。葉は幅広い線形で、先端は細く伸びる。花序はヨシのものに似て、茎の先端から夏-秋に出る。

旧世界の亜熱帯を中心に分布し、日本の関東南部以西、中国南部、東南アジア、インド、地中海沿岸にある。

世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

変異[編集]

花序が紫色を帯びるものをムラサキダンチク(A. donax L. var. barbigera (Honda) Ohwi)と言い、包頴に毛があることでも区別されると言われる。また、タカサゴダンチク(タカサゴチク A. donax L. var. coleotricha Hack.) は、沖縄以南にあり、若い葉鞘部に毛が密生することで区別される。

利用[編集]

茎は二酸化ケイ素を含み、頑丈かつ柔軟性に富むため、オーボエクラリネットなどの木管楽器リード部分の素材となる他、釣竿や杖を作る際にも使用された。古代エジプトでは、死人の埋葬の際ダンチクの葉で死体を蔽う慣習があった。斑入りの品種(西洋ダンチク・フイリダンチク)もあり、庭園に植える。

紀伊半島ではサバなれ鮨を作る際、それを包むのに使われ香気を添える。そのほか、古くから防風林的に畑などの周辺に植栽した例や、護岸に利用した例などが知られており、地域の生活に密着した植物であったと見られる。

近年では、バイオ燃料の原料として注目され、研究の対象になっている[1]

出典[編集]

  1. ^ 新しいバイオ資源作物 ダンチクとエリアンサス(農業・食品産業技術総合研究機構)