ターリク・イブン・ズィヤード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ターリク・イブン・ズィヤード

ターリク・イブン・ズィヤードアラビア語: طارق ابن زياد‎Ṭāriq ibn Ziyād 生年不詳 - 720年)は、イベリア半島を征服したウマイヤ朝の軍人。

生涯[編集]

ターリク・イブン・ズィヤード

ターリク・イブン・ズィヤードの前半生はほとんど不明だが、北アフリカベルベル人とされる[1]

ズィヤードはウマイヤ朝のカリフであるワリード1世に仕え、モロッコに駐屯していたが、711年4月29日にイベリア半島に上陸した[2]。この上陸地点はアラビア語では彼の名にちなんで、ジャバル・タリーク(ターリクの山、جبل طارق Jabal Ṭāriq)と呼ばれ、スペイン語ジブラルタルの語源となっている。

上陸後、ズィヤードは船団を燃やし、不退転の覚悟を示したといわれる。7月19日西ゴート王国の王ロデリックグアダレーテ河畔の戦い英語版で敗死させ、イベリア半島を征服した。征服後、知事に任命されたが、間もなくダマスカスに召喚され、そこで余生を終えた[3]

脚注[編集]

  1. ^ Ibn Khaldoun: History of the Berbers and the Muslim dynasties in northern Africa, ed. Berti, Algiers, 2003, p. 230, ISBN 9961690277
  2. ^ The preaching of Islam: a history of the propagation of the Muslim faith By Sir Thomas Walker Arnold, pg. 259
  3. ^ Reilly, Bernard F. (2009). The Medieval Spains. New York: Cambridge University Press. pp. 52. ISBN 9780521397414. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]