ターポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ターポン
Atlantic tarpon.jpg
Megalops atlanticus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カライワシ目 Elopiformes
: イセゴイ科 Megalopidae
: イセゴイ属 Megalops
: ターポン M. atlanticus
学名
Megalops atlanticus
Valenciennes, 1847
英名
Atlantic tarpon
Tarpon

ターポン (学名: Megalops atlanticus 英名:Atlantic tarponアトランティック・ターポン)は、カライワシ目イセゴイ科に属する

形態[編集]

体長は最大で250 cm、体重は最大161 kg の個体が記録されている。太古よりほとんど形状を変えることなく現代まで生き延びてきた古代魚であり、体の構造には原始的な特徴が見られる。背中側は緑あるいは青みがかっており、両脇は銀色である。 背びれの端の鰭条はほかのものよりも非常に長く、尾の近くまで及ぶ。大きな口は上向きに開いており、下顎には延長された骨板が含まれている。これは古代魚の特徴である。

分布[編集]

大西洋の主に熱帯から亜熱帯にかけての地域で見られるが、それより遥かに北のノバスコシアや南フランスの大西洋岸、あるいは遥かに南のアルゼンチンでも報告がある。太平洋には同属のイセゴイ(Megalops cyprinoides が生息しており、ターポンの和名として「タイセイヨウイセゴイ」という呼称が使われることもある。

生態[編集]

海洋の沿岸部や河口ラグーン河川などに生息し、さまざまな魚やカニなどの甲殻類を餌とする。

浮き袋を空気で満たし、そこから空気を取り出す能力を持つ。

他のカライワシ目の魚同様にターポンも海で産卵する。一度に産む卵は1,200万個にも及び、卵から生まれた稚魚はレプトケファルス幼生を経て成魚となる。

人間との関係[編集]

肉に毒などはなく食べられるが、小骨がやたらと多い上に金属的な臭みがあり、食用には適さないとされていて水産的な利用も殆どされていない。

ターポンは別名「シルバー・キング(Silver King)」の名で知られ、その大きさや手軽な生息地だけでなく、かかった時の抵抗の強さなどのために、生息地域の釣り人の間では海水域で最もすばらしいゲームフィッシュ(GameFish:スポーツフィッシングの対象魚)の一つと見なされており、日本からも、多くの釣り人がターポン釣りを目的として南米などの生息地を訪れている。

夜間にダイバーが潜水していると、光に引き寄せられて集まった小魚などを狙ってターポンが急接近し、その体の大きさもあってダイバーを驚かせることもある。

大型の肉食魚だが、意図的に人間を襲うことはなく、人が被害を受けたという例はない。 だが、ニカラグアの川周辺は200kg-300kgの超巨大なターポンが存在するというが信憑性は定かではない。その超巨大ターポンは、とても凶暴と言われており、漁師の死亡事故も度々報告されている。主に死亡原因は突進して頭突きを食らわせるといった感じである。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「怪物魚を追えシーズン5」〜殺人魚雷〜ディスカバリーチャンネルCS340ch 9:00-10:00 番組内の説明より抜粋