タナ川 (ノルウェー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白夜のタナ川
タナ川

タナ川ノルウェー語: Tanaelva)は、ノルウェーフィンマルク県フィンランドラッピ州を流れる全長330kmの河川。タナ川はノルウェー名であり、フィンランドではテノ川となる。一帯にはサーミ人が分布するが、その「サーミ」は「大きな川」を意味する。主な支流にアナリョーカ川(フィンランド名:イナリ川)、カラショーカ川など。

フィンランドのウツヨキとノルウェーのカラショークタナとの国境を流れる256kmが上流である。この川はノルウェーで三番目に大きい。

フィンランドとノルウェーでも最も豊かなサケの漁場であり、1929年にはニルス・マティス・ワレが36kgのタイセイヨウサケを釣り上げ、世界記録に認定された。

冬は12月から4月まで、2本のアイスロードができる。重量制限は2トンだが、他にもいくつかの制限がある。1948年には全長195mのタナ橋が、1993年にはウツヨキにサーミ橋がそれぞれ完成した。

タナフィヨルドに注ぎ、河口はヨーロッパでも最大級の三角州になっている。