タタウイヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タタウイヌ近くのKsar Ouled Soltane

タタウイヌ(アラビア語表記:تطاوين‎、英語表記:Tataouine、またTatooine、 Tatahouine、Tatahouïne、Taţāwīn 、 Tatawin、Fum Taţāwīn、Fumm Tattauin、 Foum Tatahouine、 Fum Tatawin、Foum Tataouineなどとも表記される。)はチュニジア南部、タタウイヌ県の県都である。北緯 32°55′60″、西経 10°26′60″Eに位置する。

ベルベル人の要塞の遺跡であるクサールで有名である。 Ksar Ouled Soltaneや、 Chenini、Douiretがある。

1931年6月27日、隕石の落下があり、12kgの破片が発見された。稀少なエイコンドライトであるダイオジェナイトに分類される隕石であった。

ジョージ・ルーカススター・ウォーズを撮影した場所としても知られる。またSFテレビドラマのXファイルにも地球外ウイルスの実験施設が開かれた場所として登場した。