タキフィラキシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タキフィラキシー (tachyphylaxis) とは脱感作のうち、特に急性のもの。薬剤の反復投与により薬剤が急速に効果を失う場合がある。これを脱感作と呼び、実験的には高濃度の薬剤が作用部位に長時間止まることが原因で発生する。タキフィラキシーの例として、エフェドリンを投与すると交感神経終末からノルアドレナリンが放出され血圧を上昇させるが、反復投与すると神経終末のノルアドレナリンが枯渇するため効果を発揮しなくなる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版、2004年。ISBN 4874021018