ソフィア・オブ・グロスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グロスター公爵家のソフィア王女、1774年

ソフィア・マティルダ・オブ・グロスターSophia Matilda of Gloucester, 1773年5月29日 メイフェア - 1844年11月29日 ブラックヒース)は、ハノーファー家統治期のイギリス王家の一員。ジョージ2世の曾孫で、ジョージ3世の姪である。

ジョージ3世の弟の1人グロスター=エディンバラ公爵ウィリアム・ヘンリーと、その妻のマリア・ウォルポールの間の第1子、長女として生まれた。母方の曽祖父はイギリス初代首相ロバート・ウォルポールである。1773年6月26日にウェイマスのグロスター・ハウスにおいて、セント・デイヴィッズ司教チャールズ・モス(Charles Moss)により洗礼を受けた。代父母は叔父のカンバーランド公爵ヘンリー・フレデリックと妻の公爵夫人アン、叔母のデンマーク王妃キャロライン・マティルダ(代理を立てた)であった[1]

王族としての敬称は出生時にはハイネス(Her Highness)だったが、1816年に弟のウィリアム・フレデリックがジョージ3世の四女メアリー王女と結婚して敬称をロイヤル・ハイネス(His Royal Highness)へと引き上げられた際、姉弟間の地位を釣り合いをとるために、ソフィアも摂政宮(後のジョージ4世)によってロイヤル・ハイネス(Her Royal Highness)を授けられた。

王家の中では、ジョージ3世の三男クラレンス公爵(後のウィリアム4世)の結婚相手になることが想定されていたが、ソフィアもクラレンス公爵も結婚する気は全くなかった[2]。ソフィアは生涯独身を通し、ウィンザー郊外の村ウィンクフィールドにあるニュー・ロッジで静かに暮らした。1844年に死去し、ウィンザーのセント・ジョージ教会にある王家の納骨堂に埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ Yvonne's Royalty Home Page: Royal Christenings
  2. ^ Williams, Kate (2010). Becoming Queen Victoria: The Tragic Death of Princess Charlotte and the Unexpected Rise of Britain's Greatest Monarch. Ballatine Books. p. 145. ISBN 0345461959. 

外部リンク[編集]