ゼロ・ペイシェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼロ・ペイシェンス
Zero Patience
監督 ジョン・グレイソン
脚本 ジョン・グレイソン
製作 ルイス・ガーフィールド
アンナ・ストラットン
出演者 ジョン・ロビンソン
ノルマン・フォトゥ
リチャード・キーンズ・ダグラス
音楽 グレン・シェレンベルグ
撮影 ミロスロフ・バスザック
編集 ミウメ・ジャン
配給 日本の旗 スタンス・カンパニー.
公開 カナダの旗 1993年9月11日TIFF
日本の旗 1995年2月25日
上映時間 100分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
フランス語
興行収入 $217,300[1]
テンプレートを表示

ゼロ・ペイシェンス』(原題: Zero Patience)は、1993年に製作されたカナダの映画

ビデオ題は、『世界で初めてエイズに冒された男 〜ゼロ・ペイシェンス〜[2]

概要[編集]

世界初のエイズに関するミュージカル映画。87年に、北米に初めてエイズを持ち込んだ男として新聞を賑わせた実在のカナダ人をモデルにして、彼が死者の国から、現代に自らの汚名を晴らしにくるという設定で、エイズを取り巻くメディアへの批判が描かれている[3]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • バートン:ジョン・ロビンソン
  • 患者0号:ノルマン・フォトゥ
  • ディアンヌ・ハースリントン
  • ジョージ:リチャード・キーンズ・ダグラス
  • マーラ・ルコフスキー
  • ミシェル・カレン
  • バーナード・ベランス
  • ブレンダ・カミノ

参考文献[編集]

  1. ^ Zero Patience” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月30日閲覧。
  2. ^ allcinema
  3. ^ Movie Walker

関連項目[編集]

外部リンク[編集]