ゼナイード・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダヴィッドが1821年に描いたゼナイード(右)とシャルロット

ゼナイード=レティシア=ジュリー・ボナパルトZénaïde-Laetizia-Julie Bonaparte1801年7月8日 - 1854年8月8日)は、ボナパルト家の一員。ジョセフ・ボナパルトジュリー・クラリーの次女。妹にシャルロット・ボナパルトがいる。

概要[編集]

叔父ナポレオン・ボナパルトの栄達とともに称号が与えられ、1804年には「フランスのプリンセス」(princesse française)およびアルテス・アンペリアル(altesse impériale)の称号、1808年に父ジョセフがスペイン王となると「スペインのインファンタ」および「アストゥリアス女公」となった。

1822年、叔父リュシアン・ボナパルトの息子で従弟にあたるシャルル・リュシアン・ボナパルト(fr)と結婚した。著名な鳥類学者でもあったシャルル・リュシアンは、科に属する鳩の一種に妻の名にちなんでゼナイダ(en)と名付けた。画家ジャック=ルイ・ダヴィッドは、1821年にブリュッセル滞在中のゼナイードと彼女の妹シャルロットの肖像画を描いた。彼女はローマのヴィッラ・ボナパルト内に、父ジョセフから与えられたダヴィッド画の『アルプスを越えるナポレオン』(Bonaparte franchissant le Grand-Saint-Bernard)を含むコレクションを所有していた[1]

子女[編集]

  • ジョセフ・リュシアン(1824年 - 1865年)
  • アレクサンドリーヌ(1826年 - 1828年)
  • リュシアン・ルイ(1828年 - 1895年) - 枢機卿
  • ジュリー(1830年 - 1900年)
  • シャルロット(1832年 - 1901年)
  • レオニー(1833年 - 1839年)
  • マリー・デジレ(1835年 - 1890年)
  • オギュスタ(1836年 - 1900年)
  • ナポレオン・シャルル(1839年 - 1899年)
  • バティルド(1840年 - 1861年)
  • アルベルティーヌ(1842年 - 1842年)
  • シャルル・アルベール(1843年 - 1847年)

脚注[編集]

  1. ^ Georges Lafenestre, Eugène Richtenberger (1905), Rome les musées, les collections particulières, les palais, p. 271 : « La réplique de la Villa Bonaparte est vraisemblablement celle que David avait peinte pour Charles IV roi d'Espagne ».