セレール族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セレール族Sérère)は、セネガル共和国で2番目に多い民族であり、ガンビアモーリタニアにも居住する。 スーダン系で、主として中西部シヌ=サルーム地方で農業漁業に従事している。

歴史[編集]

歴史的には、セレール族は10世紀から13世紀にかけて、北方からセネガル中央部に移住してきたと考えられている。

セレール族にはシヌ王国英語版1350年1969年)やサルーム王国英語版1494年1969年)やバオル王国英語版750年1896年)といった王国やセネガンビア連邦1982年1989年)といった国家連合があった。

概要[編集]

セレール族は森羅万象にローグ(原義は『空』を意味する) と呼ばれる神を信じ、伝統的に熱心な宗教行事を生活のあらゆる場面で行ってきた。セレール族は他の民族と比較して外国からの宗教に抵抗した民族であり、イスラム化が最も遅かった民族である。それゆえ、現在、多くがカトリックを信仰している。最も有名なセレール族であるセネガル共和国初代大統領レオポルド・セダール・サンゴールLéopold Sédar Senghor)もカトリック信者であった。セネガル第2の民族としてセレール族は、エネルギッシュで支配的なウォロフ族イスラム教)にいくぶん圧倒されている。多くのセレール族は第2言語としてウォロフ語を話し、都市部で育ったセレール族の中には第1言語としている者もいる。

方言[編集]

彼らはセレール語の方言から数グループに分けられる。

以下のサーフェン、ンドゥット、ノーン、パロル、レハルの言語はキャンガン語Cangin languages)に分類され、セレール=シヌの言語とは大きく異なる。

外部リンク[編集]