セバスチャン・フィツェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスチャン・フィツェック
(Sebastian Fitzek)
誕生 1971年10月13日(42歳)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
職業 小説家
言語 ドイツ語
活動期間 2006年 -
ジャンル 推理小説
処女作 『治療島』(2006)
パートナー サンドラ・フィツェック(2004年-)
公式サイト http://www.sebastianfitzek.de/ (ドイツ語、英語)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

セバスチャン・フィツェック(Sebastian Fitzek、1971年10月13日 - )は、ドイツ小説家ジャーナリストベルリン生まれ、ベルリン在住。

著作権についての研究で博士号を取得後、放送局に勤務のかたわら、小説を執筆。2006年、サイコ・サスペンス小説『治療島』でデビュー。このデビュー作はドイツでベストセラーとなり、フリードリヒ・グラウザー賞(ドイツ推理作家協会賞)の新人賞にもノミネートされた。その後作品は24の言語で刊行されており、累計450万部を売り上げている[1]2012年には『前世療法』(2008年)を原作とした映画"Das Kind"が公開された。

作品リスト[編集]

  • Die Therapie (2006)
  • Amokspiel (2007)
    • ラジオ・キラー (訳:赤根洋子、柏書房、2008年1月)
  • Das Kind (2008)
    • 前世療法 (訳:赤根洋子、柏書房、2008年6月)
  • Der Seelenbrecher (2008)
    • サイコブレイカー (訳:赤根洋子、柏書房、2009年7月)
  • Splitter (2009)
  • Der Augensammler (2010)
  • Der Augenjäger (2011)
  • Der Nachtwandler (2013)
  • Noah (2013)

この他、編著や共著、ノンフィクションなどがある。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ AUTOR SEBASTIAN FITZEK Fünf Besucher und ein Verdacht - Berliner Zeitung