セイファートの六つ子銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイファートの六つ子銀河[1]
Seyfert's Sextet
Seyfert Sextet full.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡による画像
Credit: HST/NASA/ESA
星座 へび座
分類 銀河団
発見
発見年 1951年
発見者 カール・セイファート
発見方法 写真乾板を用いて
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 15h 59m 11.9s[2]
赤緯 (Dec, δ) +20° 45′ 31″[2]
距離 約1.9億光年
別名称
別名称
Serpens Sextet, HCG 79, UGC 10116,
VV 115, VII Zw 631[2]
■Project ■Template

セイファートの六つ子銀河(Seyfert's Sextet)は、へび座の方角に地球から約1億9000万光年離れた位置にある銀河群である[3]。この銀河群は6つの銀河を含んでいるように見えるが、そのうちの1つは背景にある銀河であり、その他の「銀河」は、実際はある銀河の離れた一部である。よって、名称に反してこの銀河群は4つの銀河で構成されている。これらの銀河間に働く重力相互作用は、数十億年続く。最終的には、これらの銀河は融合して、1つの巨大な楕円銀河になる。

発見[編集]

この銀河群は、ヴァンダービルト大学バーナード天文台で、カール・セイファート写真乾板を使って発見した。1951年にこの発見が公表された時には、この銀河群はそれまで見つかった中で最もコンパクトな銀河群であった[4]

構成[編集]

構成銀河
名前 太陽からの距離
(億光年)
視等級
NGC 6027 S0 pec. ~1.9 +14.7
NGC 6027a Sa pec. +15.4
NGC 6027b S0 pec. +15.4
NGC 6027c SB(S)c +16
NGC 6027d SB(S)bc pec. +15.6
NGC 6027e SB0 pec. +16.5

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ ハッブル宇宙望遠鏡「セイファートの六つ子銀河」を撮影AstroArts
  2. ^ a b c NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for HCG 79. 2006年10月29日閲覧。
  3. ^ http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2002/22/image/a/
  4. ^ C. K. Seyfert (1951). “A Dense Group of Galaxies in Serpens”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 371: 72-75. Bibcode 1951PASP...63...72S. doi:10.1086/126319. 

座標: 星図 15h 59m 11.9s, +20º 45' 31''