ステンバルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ステンバルクポーランド語: Stębark)はポーランドの村。ヴァルミア・マズールィ県オストゥルダ郡に属する。日本でのドイツ語名はタンネンベルク(Tannenberg,タネンベルク)で、タンネンベルヒと表記することもある。ポーランド・リトアニア共和国チュートン騎士団(ドイツ騎士団)の決戦と、第一次世界大戦の古戦場として有名。


1270年に近くのオストゥルダ(Ostróda)にチュートン騎士団が砦を築いてステンバルクを含む一帯を支配し、ステンバルク村をタンネンベルク村と呼んだ。1410年、ここと隣村であるグルンヴァルトとの間の平原でポーランドリトアニア連合軍とチュートン騎士団との決戦であるグルンヴァルトの戦い(ドイツ名タンネンベルクの戦い)が行われポーランド・リトアニア連合軍側が大勝利、講和条約(第一次トルニの和約)によってこの一帯は1411年よりポーランド王国の版図に入る。その後再度チュートン騎士団の残党がこの一帯を徐々に実効支配したが、1466年にポーランド王国とプロシア連合義勇兵の連合軍がドイツ騎士団に勝利しオストゥルダを奪回、この一帯を支配する(第二次トルニの和約)。1525年からプロシア公領1772年ポーランド分割プロイセン王国領となり、1945年まではドイツ東プロイセンに属していた。ナチス・ドイツが降伏した際にポーランド領に復帰し今に至る。

関連項目[編集]