ジョージ・ワシントン・ゲーソルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ワシントン・ゲーソルズ

ジョージ・ワシントン・ゲーソルズ(George Washington Goethals, 1858年6月29日 - 1928年1月21日)は、アメリカ合衆国の技術者。パナマ運河建設の総指揮監督。

経歴[編集]

1858年ニューヨークブルックリン生まれ。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業後、ニューヨーク州ウェストポイントにある陸軍士官学校に学び1880年に卒業。

同1880年、USACE(United States Army Corps of Engineers)で職に衝き、1888年までエンジニアリングを教えた。

1907年セオドア・ルーズベルトアメリカ合衆国大統領によってパナマ運河の主任技術者に任命される。

1914年ウッドロウ・ウィルソン大統領によってパナマ運河地帯の初代民政総督に任命される。

1916年に同運河地帯の総督の職を退く。


功績に因む名称[編集]

外部リンク[編集]


先代:
リチャード・リー・メトカーフ
パナマ運河地帯総督
1914 - 1917
次代:
チェスター・ハーディング