ジョージ・モッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・モッセ

ジョージ・モッセGeorge Lachmann Mosse, 1918年9月16日-1999年1月22日)は、ドイツ出身の歴史学者ウィスコンシン大学名誉教授。専門は、ドイツ社会史。

ベルリン生まれ。1933年、ナチスの迫害を逃れ、スイスおよびフランスを経由して、イギリスに渡る。1939年、アメリカ合衆国に移住。ハーヴァード大学で博士号取得。1955年から1988年までウィスコンシン大学で教鞭をとる。その間、アイオワ大学ヘブライ大学コーネル大学ミュンヘン大学などで研究活動を行う。

邦訳著書[編集]

  • 『大衆の国民化――ナチズムに至る政治シンボルと大衆文化』(柏書房, 1994年)
  • 『ユダヤ人の「ドイツ」――宗教と民族をこえて』(講談社, 1996年)
  • 『ナショナリズムとセクシュアリティ――市民道徳とナチズム』(柏書房, 1996年)
  • 『フェルキッシュ革命――ドイツ民族主義から反ユダヤ主義へ』(柏書房, 1998年)
  • 『英霊――創られた世界大戦の記憶』(柏書房, 2002年)
  • 『男のイメージ――男性性の創造と近代社会』(作品社, 2005年)