ジョージ・トゥポウ5世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・トゥポウ5世(George Tupou V、1948年5月4日 - 2012年3月18日)はトンガ国王。本名をSiaosi Tāufaʻāhau Manumataongo Tukuʻaho Tupou V[1]という。なお、SiaosiはGeorgeのトンガ語における転訛であり、トンガ語に基づいて「シオアシ・トゥポウ5世」と表記されることもある。

人物[編集]

元国王タウファアハウ・トゥポウ4世とハラエバル・マタアホHalaevalu Mataʻaho王太后の長男で、1966年5月4日皇太子となった。

スイスの小学校、オークランドの中学校に通い、イングランドオックスフォード大学サンドハースト王立陸軍士官学校で学んだ。

皇太子時代から、トンガの政治に大きな影響を持ち、1979年から1998年には外務大臣を務め、トンガや国外でかなりの財をなした。

2006年9月11日に王位を継承し、初代トゥイ・カノクポルTu'i Kanokupolu(ンガタNgata)から数えて23代目のトンガ国王となった。王位に就いて最初の宣言は、法律に従い、事業を全て止めるというものだった。

2006年のトンガ動乱(2006 Nuku‘alofa riots)の影響で、戴冠式2008年8月1日に、日本皇太子徳仁親王など世界各国の王族や要人らを招いて行われた。

2012年3月18日、香港の病院で死去[2]。63歳没。トゥポウ5世には王位継承権のある王子女がなく、次弟のファタフェヒFatafehi ʻAlaivahamamaʻo Tukuʻaho王子は両親や兄に先立って2004年に死去していたため、三弟の元首相ウルカララʻUlukālala Lavaka Ata王子(アホエイトゥʻAhoʻeitu ʻUnuakiʻotonga Tukuʻaho、1959年生まれ)がトゥポウトア・ラヴァカTupoutoʻa Lavaka王太弟として立てられ、王位を継承し、トゥポウ6世として即位した。

トゥポウ5世に結婚歴はなく、嫡出子はいないが、非嫡出子の娘がいる。しかしトンガの憲法により、この女子に王位継承権はない。

脚注[編集]

[ヘルプ]