ジョン・デイリー (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・R・デイリー
John R. Dailey
Dailey JR.jpg
生誕 1934年2月17日(80歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州クワンティコ英語版
所属組織 アメリカ海兵隊
軍歴 1956年 - 1992年
最終階級 大将(General)
除隊後 NASA副長官代行
国立航空宇宙博物館館長
テンプレートを表示

ジョン・R・デイリー(John R. Dailey、1934年2月17日 - )は、アメリカ合衆国の軍人。アメリカ海兵隊に所属し、1990年から1992年にかけて海兵隊総司令官補英語版(ACMC)や参謀長(Chief of Staff)を務めた。軍人としての最終階級は大将。退役後の1992年から1999年にはアメリカ航空宇宙局(NASA)に副長官代行として勤務し、また2000年からは国立航空宇宙博物館の館長を務めている。

彼は36年間の海兵隊生活の多くを作戦参謀として過ごしたが、当初はパイロットとして勤務していた。また海兵隊システムコマンド英語版(MCSC)や軍幕僚学校英語版(AFSC)などでの勤務経験もある。

経歴[編集]

ジョン・デイリーは1934年2月17日、バージニア州クワンティコに生まれた。1956年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて理学士号を取得した。

海兵隊員[編集]

UCLA卒業後の1956年6月、デイリーは海兵隊にて少尉に任官した。基本術科学校英語版卒業後は飛行訓練に参加し、1958年7月に海兵隊航空団の操縦士に任命された。その後は戦闘機、軽攻撃機、偵察機、電子戦機、輸送機、ヘリコプターなど各種の航空機に操縦士として搭乗し、作戦中の飛行時間は7000時間以上とされる。

1972年、デイリーは北ベトナムで活動する第1位海兵合同偵察中隊(Marine Composite Reconnaissance Squadron-l)および輸送任務部隊(Carrier Task Unit)の指揮官となる。ベトナムには2度派遣され、450回の飛行任務を遂行した[1]。1973年5月に帰国した後、ワシントンD.C.にある海兵隊司令部英語版航空兵器調達局(Aviation Weapons Requirements Branch)に移る。同年中、彼は国防大学に入学し、卒業後は海兵隊司令部航空機設計・計画局(Aviation Plans and Programs Branch)に配置される。

1978年、デイリーはエル・トロ海兵隊航空基地英語版を拠点とする第3海兵航空団英語版第11海兵航空群英語版(MAG-11)の指揮官に着任。1980年7月、第3海兵航空団参謀長に就任。1981年7月、海兵隊司令部に戻り、航空機設計・計画・予算・統合ドクトリン局(Aviation Plans, Programs, Budget and Joint Doctrine Branch)の局長に就任。1982年5月、准将に昇進すると共に副航空参謀長補(Assistant Deputy Chief of Staff for Aviation)に就任。1985年5月、ハワイカネオヘ湾基地英語版に駐屯する第1海兵水陸両用旅団英語版の指揮官に就任。

1986年6月12日、少将に昇進すると共にノースカロライナ州チェリーポイント海兵隊航空基地英語版を拠点とする大西洋艦隊海兵軍英語版第2海兵航空団英語版の指揮官に就任。1987年7月30日からはバージニア州ノーフォークの軍幕僚学校英語版に校長として勤務する。1989年8月21日、ワシントンD.C.にある海兵隊研究・開発・調達司令部(Marine Corps Research, Development and Acquisition Command)の司令官となり、同年11月24日には中将に昇進した。1990年8月1日、大将に昇進すると共に海兵隊総司令官補英語版に就任。

退役後[編集]

ジョン・デイリー(2012年)

海兵隊を退役したデイリーは、1992年から1999年までアメリカ航空宇宙局(NASA)にて副長官代行(Associate Deputy Administrator)を務めた。NASA勤務中のデイリーは予算の大幅な削減を受けた組織の改革活動を主導していた[1]

2000年以降、彼は国立航空宇宙博物館の館長を務めている[2]

受章[編集]

Naval Aviator Badge.jpg
Ribbon numeral 1.pngRibbon numeral 2.pngRibbon numeral 2.png
V
Bronze star
Bronze star
Bronze star
Bronze star
海軍航空徽章英語版
1段目 海軍殊勲章英語版 陸軍殊勲章英語版
2段目 防衛上級貢献メダル 殊勲飛行十字章 銅星章 功労メダル英語版
3段目 エア・メダル[3] 海軍・海兵隊褒章メダル英語版[4] 戦闘行動章英語版 海軍大統領殊勲部隊章英語版
4段目 海軍称揚部隊章英語版 海軍部隊功労章英語版 海兵隊遠征メダル英語版 国防従軍章英語版
5段目 派兵章英語版 ベトナム戦争従軍記章英語版[5] ベトナム共和国武勇十字部隊章英語版 ベトナム戦線記念記章英語版

脚注[編集]

  1. ^ a b "General John R. Dailey", NASA.
  2. ^ "Director Biography", NASM.
  3. ^ 複数受章を示す5/16インチ星章英語版1つ、および22の攻撃/飛行回数章英語版付。
  4. ^ Vデバイス英語版付。
  5. ^ 5/16インチ星章4つ付

参考文献[編集]

This article incorporates text in the public domain from the United States Marine Corps and NASA, which are part of the United States Government.
  • Gen. John Dailey”. Smithsonian National Air and Space Museum. 2013年11月6日閲覧。