ジュリアード弦楽四重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアード弦楽四重奏団(ジュリアードげんがくしじゅうそうだん、Juilliard String Quartet)は、アメリカ弦楽四重奏団1946年ニューヨークジュリアード音楽院の校長だった作曲家、ウィリアム・シューマンの提唱により、ジュリアード音楽院の教授らによって結成された。ヨーロッパ出身の弦楽四重奏団のような民族色はないが、完璧なアンサンブル、緻密で明快な音楽解釈、高度な統一感のもたらす音楽表現の広さにより、現代の弦楽四重奏団の最高峰の一つとされている。

バルトーク以降の現代音楽で積極的に演奏を行うほか、モーツァルトベートーヴェンなどの古典でも演奏を残している。またバルトークヒンデミットエリオット・カーターなど、近現代の作曲家の全集を録音するなどレパートリーは広く、20世紀後半以降の音楽界への貢献は大きい。

メンバーの変遷[編集]

第1ヴァイオリン[編集]

  • 1946年 - ロバート・マン(Robert Mann)
  • 1997年 - ジョエル・スミルノフ(Joel Smirnoff)
  • 2009年 - ニコラス・イーネット(Nicholas Eanet)
  • 2011年 - ジョセフ・リン(Joseph Lin)

第2ヴァイオリン[編集]

  • 1946年 - ロバート・コフ(Robert Koff)
  • 1958年 - イシドア・コーエン(Isidore Cohen)
  • 1966年 - アール・カーリス(Earl Carlyss)
  • 1986年 - ジョエル・スミルノフ(Joel Smirnoff)
  • 1997年 - ロナルド・コープス(Ronald Copes)

ヴィオラ[編集]

  • 1946年 - ラファエル・ヒリヤー(Raphael Hillyer)
  • 1969年 - サミュエル・ローズ(Samuel Rhodes)

チェロ[編集]

  • 1946年 - アーサー・ウィノグラード(Arthur Winograd)
  • 1955年 - ラウス・アダム(Claus Adam)
  • 1974年 - ジョエル・クロスニック(Joel Krosnick)

外部リンク[編集]