ジュゼッペ・ジャチント・モリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュゼッペ・ジャチント・モリス(Giuseppe Giacinto Moris、1796年4月25日 - 1869年4月18日)は、イタリア植物学者、政治家である。サルデーニャ島の植物について研究した。

生涯[編集]

トリノ県オルバッサーノで生まれた。1815年にトリノ大学医学部を卒業した。ジョヴァンニ・バチスタ・バルビス(Giovanni Battista Balbis)に植物学を学び、植物学に興味をもった。1822年にサルデーニャ島のカリャリ臨床医学教授として赴任するが、1829年にトリノに戻り、医学の教授となり、1831年に植物園長に任じられ、その職を没する1869年まで務めた。トリノ科学アカデミーや農業アカデミーの会員に選ばれ、1836年から1838年の間、農業アカデミーの副会長を務めた。薬学校の校長や公的教育の委員会の議長も務めた。1848年に サルデーニャ王国の上院議員にも任じられた。

サルデーニャ島の植物相の著作を行い、双子葉植物の巻、3巻を出版したが、単子葉植物および裸子植物の章は書かれなかった。

サルデーニャやコルシカに分布するアブラナ科の属(モリシア、Morisia)の学名に献名されている。

著書[編集]

  • Moris, G.G. (1827—1829). Stirpium sardoarum elenchus. 3 fasc.
  • Moris, G.G. (1837). Flora sardoa. 3 vols.
  • Moris, G.G., Notaris, G. de (1839). Florula caprariae. 244 p.

参考文献[編集]

  • Renzo Rossotti, Le strade di Torino, Roma, Newton Compton, 1995. ISBN 88-8183-113-9. p. 393