ジャーシー・ジョー・ウォルコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャーシー・ジョー・ウォルコット
基本情報
本名 アーノルド・レイモンド・クリーム
通称 ジャーシー
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1914年1月31日
出身地 アメリカ合衆国ニュージャージー州
カムデン郡マーチャントビル
死没日 1994年2月25日(満80歳没)
死没地 アメリカ合衆国ニュージャージー州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 72
勝ち 53
KO勝ち 33
敗け 18
引き分け 1
テンプレートを表示

"ジャーシー"・ジョー・ウォルコット"Jersey" Joe Walcott1914年1月31日 - 1994年2月25日)は、アメリカ人プロボクサーで元世界ヘビー級王者。アメリカ合衆国ニュージャージー州出身。本名はアーノルド・レイモンド・クリーム。37歳6か月での戴冠は、ジョージ・フォアマンに破られるまでの最年長記録だった。

20世紀初頭に活躍したウェルター級王者バルバドス・ジョー・ウォルコットに憧れ、リングネームとしていた。

来歴[編集]

  • 1930年9月9日、プロデビュー[1]
  • 1947年12月5日、ジョー・ルイスの持つ世界ヘビー級タイトルに挑戦するが、判定負け。
  • 1948年6月25日、ジョー・ルイスの持つ世界ヘビー級タイトルに挑戦するが、11ラウンドKO負け。
  • 1949年6月22日、空位のNBAヘビー級タイトルをイザード・チャールズと争うが、判定負け。
  • 1951年3月7日、イザード・チャールズの持つ世界ヘビー級タイトルに挑戦するが、判定負け。
  • 1951年7月18日、イザード・チャールズに7ラウンドKO勝ちし、世界ヘビー級タイトルを獲得。この試合でのKOパンチ、チャールズの左ストレートをヘッドスリップしての左フックは、歴史に残るベスト・ショット。
  • 1952年6月5日、イザード・チャールズに判定勝ちし、初防衛に成功した。
  • 1952年9月23日、ロッキー・マルシアノに13ラウンドKO負けし、タイトルを失う。
  • 1953年5月15日、ロッキー・マルシアノの持つ世界ヘビー級タイトルに挑戦するが、1ラウンドKO負けし、引退。

戦績[編集]

  • プロボクシング: 72戦 53勝 33KO 18敗 1分

獲得タイトル[編集]

  • 第11代NBA世界ヘビー級王座

関連項目[編集]

脚注[編集]

前王者
イザード・チャールズ
第11代NBA世界ヘビー級王者

1951年7月18日 - 1952年9月23日

次王者
ロッキー・マルシアノ