ジャン・ド・リュクサンブール (ブリエンヌ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・ド・リュクサンブールJean de Luxembourg(-Ligny), 1370年 - 1397年)は、北フランスボールヴォワール英語版とリシュブール(Richebourg)の領主(1371年 - 1397年)。結婚によりブリエンヌ伯およびコンヴェルサーノ伯(1394年 - 1397年)を相続した。ブリエンヌ伯としては「ジャン2世Jean II)」と数えられる。サン=ポル伯およびリニー伯ギーとその妻マオー・ド・シャティヨンの間の息子[1]

1387年、ブリエンヌ伯およびコンヴェルサーノ伯ルイ1世の娘マルグリット・ダンギャン(1393年9月19日以降没)と結婚し、間に5人の子女をもうけた。

引用[編集]

  1. ^ Darryl Lundy (2004年4月13日). “Ct Jean of Luxemburg in Ligny”. thePeerage.com. 2013年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ルイ・ダンギャン
ブリエンヌ伯
コンヴェルサーノ伯
1394年 - 1397年
次代:
ピエール1世