ジャン・シュナイツホーファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・マドレーヌ・シュナイツホーファJean Madeleine Marie Schneitzhoeffer,1785年10月13日 - 1852年10月14日[1])はフランスの作曲家である。今日では、ロマンティック・バレエの代表作の一つ『ラ・シルフィード』(1832年)の作曲者として知られている[2]

来歴[編集]

シュナイツホーファは、トゥールーズで生まれた。

コンセルヴァトワールシャルル・シモン・カテルに学び、1803年にピアノで2位を獲得し、ティンパニストとしてパリ・オペラ座に加入した。7年の後、彼はオペラ座の合唱の指導者となった。

彼はコンセルヴァトワールの合唱部門の教授となったが、1834年の『La Tempête』作曲後に健康を損ねてしまい、晩年は作曲活動を停止した。

なお、彼は1840年レジオンドヌール勲章を授与され、1852年パリで死去している。

主な作品[編集]

シュナイツホーファは、パリ・オペラ座のためにバレエ作品をいくつか作曲している。

  • 『Proserpine』(P・ガルデル振付、1818年
  • 『Le Séducteur au village』(1818年)
  • 『Zémire et Azor』(1824年
  • 『Mars et Vénus』(1826年
  • 『Le Sicilien』(1827年
  • 『Les Filets de Vulcain』(1826年
  • 『ラ・シルフィード』(1832年)
  • 『La Tempête』(ジャン・コラーリ振付、1834年

脚注[編集]

  1. ^ 文献によっては、フランス語読みで「シュネゾフェール」としている。
  2. ^ オーギュスト・ブルノンヴィルが手がけた同名の作品(1836年)の作曲者は、ヘルマン・ロヴィンショルド(Herman Severin Løvenskiold)という別の作曲家である。

参考文献[編集]