ジャン・コラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・コラーリ、1830年

ジャン・コラーリJean Coralli1779年1月15日 - 1854年5月1日、ジャン・コラリとも)は、フランスバレエダンサー振付家である。ロマンティック・バレエの代表作の一つ『ジゼル』の振付などで後世に広く知られている。

プロフィール[編集]

コラーリの本名はJean Coralli Peraciniといい、パリで生まれた。彼はパリ・オペラ座の付属バレエ学校でバレエを学び、1802年に舞台にデビューした。

コラーリは1805年に振付家としてもデビューし、ウィーンミラノマルセイユリスボンなどで数々の作品を発表している。

1825年にコラーリは、パリのポルト・サン・マルタン劇場(en:Théâtre de la Porte Saint-Martin)のバレエマスターに就任し、1831年にオペラ座に移籍した。

この時期に彼は『松葉杖の悪魔』(Le Diable boìteaux、1836年)、『ジゼル』(1841年[1]、『ラ・ペリ』(1843年)などの作品を発表し、ロマンティック・バレエ期を代表する振付家として広く知られるようになった。

コラーリは1848年に引退し、1854年にパリで死去した。

主な振付作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ジゼル』については、ジュール・ペローとの共作である。タイトルロールのジゼルを踊ったカルロッタ・グリジの振付はペローが担当したという。

参考文献[編集]