ジャクソン・ヘインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャクソン・ヘインズ

ジャクソン・ヘインズJackson Haines, 1840年 - 1875年6月23日[1])は、アメリカニューヨーク出身の男性フィギュアスケート選手。 音楽とバレエをフィギュアスケートに取り入れたフリースケーティングを考案し、「近代フィギュアスケートの父」と呼ばれる。1976年世界フィギュアスケート殿堂入り。

経歴[編集]

スケートを始める前はアメリカニューヨーク出身のバレエ・ダンサーであった。1863年に非公式であるがアメリカ選手権チャンピオンとなる。 1864年にヨーロッパに渡り、ウィーンでスケーティングにバレエのポーズやダンス・ステップを取り入れることを考案した。ベートヴェンシューベルトの曲を使用した[2]。彼のスケートは「インターナショナルスタイル」呼ばれた。これが現在のフィギュアスケートの原型となった。 スピンの基本姿勢のひとつであるシットスピンを考案し、このスピンは「ジャクソン・ヘインズ・スピン」とも呼ばれている。

ヨーロッパ各地でスケート学校を開き、スケートの普及に努めた。門弟には、1888,1889,1891年アメリカ選手権優勝のルイス・ルベンスタイン(Louis Rubenstein)、1906年アメリカ選手権優勝のアービング・ブロカウ(Irving Brokaw)らがいる。

1875年フィンランドにて死す。墓石に「米国人のスケート王」("In remembrance of the American Skating King.")[1]と刻まれた[2]。1976年に世界フィギュアスケート殿堂入りした。

脚注[編集]

  1. ^ a b 19th Hole: The Readers Take Over
  2. ^ a b 梅田香子、今川知子著『フィギュアスケートの魔力』(文春新書) p.32

外部リンク[編集]