ジメチルアセトアミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジメチルアセトアミド
構造式 ジメチルアセトアミド
IUPAC名 ジメチルアセトアミド
別名 DMAc
DMA
分子式 C4H9NO
分子量 87.1
CAS登録番号 [127-19-5]
形状 無色透明の液体
密度 0.94 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.01(空気 = 1)
融点 −20 °C
沸点 165 °C
SMILES O=C(C)N(C)C
出典 ICSC

ジメチルアセトアミドは化学式C4H9NOで表される有機化合物である。N,N-ジメチルアセトアミドとも呼ばれ、DMADMAcと略されることがある。 無色で水に可溶であり、吸湿性を持つ。高沸点の極性溶媒として、有機合成化学において広く用いられる。アルコールエーテルケトンハロゲン化物芳香族などの他の溶媒とも容易に混ざる。しかし、脂肪族炭化水素とはほとんど混ざらない。

アミドの部分は触媒で加水分解される。

CH3CON(CH3)2 + H2O + HCl → CH3COOH + (CH3)2NH·HCl

またナトリウムメトキシドなど強塩基を用いる反応の溶媒にしばしば用いられる[1]

工業的にもよく用いられる溶媒であるが、人体に有害であり、吸入や皮膚の接触は避けなければならない。発がん性や催奇性があると疑われている。日本では消防法により危険物第4類に指定されている。

出典[編集]

  1. ^ S. Zen, E. Kaji, Organic Syntheses, Coll. Vol. 6, p.503, 1988 (Vol. 57, p.60, 1977). (オンライン版)

外部リンク[編集]