ジェイムズ・パトリック・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・パトリック・ケリー
James Patrick Kelly
James Patrick Kelly.jpg
誕生 1951年
アメリカ合衆国の旗ニューヨーク州ミネオラ
職業 小説家編集者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SF
代表作 「恐竜たちの方程式」「少年の秋」
主な受賞歴 ヒューゴー賞ネビュラ賞ローカス賞
公式サイト JimKelly.net
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェイムズ・パトリック・ケリーJames Patrick Kelly1951年 - )はアメリカ合衆国SF作家

略歴[編集]

1972年ノートルダム大学で英文学の学士号を取得し卒業。大学卒業後、1977年まで専業プロポーザルライターとなる。1974年と1976年の二度クラリオン・ワークショップに参加する。

1980年代、友人であるジョン・ケッセルと共に「ヒューマニストサイバーパンク」論争に巻き込まれる。ケリーとケッセルは共にヒューマニスト派であったが、ケリーは The Prisoner of Chillon (1985) や Rat (1986) などサイバーパンク・ライクな小説を幾つも書いていた。

1975年処女作を刊行。以後中編から短編において、SFの主立った賞を幾たびも受賞する。現在もまたクラリオン・ワークショップやシカモア・ヒル・ワークショップなどのSF関連ワークショップにたびたび参加し、指導を行っている。 また1998年よりニューハンプシャー・ステート・カウンシル・オン・ジ・アーツに加わり、2004年議長に就任する。

現在はサザン・メイン大学ポピュラー・フィクション学部に属し、ストーンコーストMFAプログラムのため、ケリー・リンクと共に、クリエイティブ・ライティングの教鞭を執っている。

アシモフ誌の熱心な寄稿者の一人であり、かつてノンフィクションのコラム On the Net を数年にわたって連載していた。過去12年間のアシモフ誌の6月号には、ケリーの作品が掲載されている。

主な作品リスト[編集]

外部リンク[編集]

短編[編集]

インタビュー[編集]