クラリオン・ワークショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラリオン・ワークショップ (Clarion Workshop) は、SFファンタジー作家の新人・志望者のためのワークショップ。1968年ロビン・スコット・ウィルスンによりペンシルベニア州クラリオン大学で創始され、デーモン・ナイトケイト・ウィルヘイムらが講師として協力した。指導方法はミルフォード・ワークショップをモデルとし、その派生といえる[1]

クラリオンは合宿形式のワークショップであり、夏期に6週間開催され、毎週異なったプロの作家や編集者により指導が行われる。当初は短編執筆の指南に重きが置かれていた。

クラリオン at サンディエゴ[編集]

クラリオン・ワークショップは1971年にテュレーン大学へ、1972年にミシガン州立大学[2]、そして(実質的には2007年に)カリフォルニア大学サンディエゴ校へ移動した。この移転はクラリオン財団の責任下で行われ、このことは成功を収めた。ラホヤの土地は浜からほど近く、快適な夏の気候を提供した。

サンディエゴ校での最初の講習は2007年8月3日に終了し、19のクラスに80名の受講者があった。この“クラリオン・リバイバル”セッションには、グレゴリイ・フィーリイジェフ・ヴァンダーミーアアン・ヴァンダーミーアカレン・ジョイ・ファウラーコリイ・ドクトロウエレン・カシュナーデリア・シャーマンらが講師として参加し、キム・スタンリー・ロビンソンナンシー・ホールダーデイヴィッド・ブリンヴァーナー・ヴィンジとのディスカッションも開催された。下は16歳から上は53までの9名の女性と10名の男性が、ハードSFからハイ・ファンタジースリップストリームマジックリアリズムまでの多くのジャンルにまたがる作品を執筆した。受講生は全米やカナダの各所から集い、また1人ながらイギリスからの参加者もいた。彼らの幾人かは短編作品の出版経験があり、また長編の執筆を行っているものや、既に書籍化の契約を果たした者もいた。

2008年セッション(6月29日 - 8月9日)ではケリー・リンクジェイムズ・パトリック・ケリー、メアリ・アン・モハンラジュ、ニール・ゲイマンナロ・ホプキンスンジェフ・ライマンらが教鞭を執り、2009年ではホリー・ブラック、ラリサ・ライ、ロバート・クレイス、キム・スタンリー・ロビンソン、エリザベス・ハンドポール・パークらの参加が予定されている。

その他のクラリオン・ワークショップ[編集]

主なクラリオンの講師[編集]

主なクラリオン・ウェストの講師[編集]

卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brian M. Stableford (2004) (英語). Historical dictionary of science fiction literature Issue 1 of Historical dictionaries of literature and the arts (改訂 ed.). Scarecrow Press. pp. p.64. ISBN 9780810849389. 
  2. ^ Ashley, Michael (2007) (英語). Gateways to forever: the story of the science-fiction magazines from 1970 to 1980 Volume 3 of The history of the science-fiction magazine. Liverpool University Press. ISBN 9781846310027. 

参考文献[編集]

  • Wilhelm, Kate (2005) (英語). Storyteller: writing lessons and more from 27 years of the Clarion Writers' Workshop. Small Beer Press. ISBN 9781931520164. 

外部リンク[編集]