シールドビーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シールドビーム (sealed beam lamp) は、レンズおよびリフレクター(反射板)を組み込んだ白熱電球のことである。発光フィラメントと不活性ガスを充填した点では従来の白熱電球と同じ構造であるが、光線を一方向へ向けるために電球の一部に反射板を設けたものである。

特徴[編集]

従来の(レンズとリフレクターを組み込んだ「ランプハウス」と共に用いる)電球に比し、以下のような特徴がある。

長所
  • 大型の電球そのままと言える構造から、長寿命・高輝度になる。
  • 電球以外の部品が簡素化されることにより、大量生産されると安価になる。自動車・鉄道車両などでは前照灯尾灯などに使用する際の覆いとなるランプハウスと置き換えを図ることができ、車両コストダウンに寄与する。
  • (ランプハウスの部品である)レンズの曇りのうち、内部の曇りがなくなる。
  • 自動車などに利用されているシールドビームを交換する際の付け外しは、樹脂レンズ仕様の車と比べて容易な場合が多い。
  • (自動車部品の場合)ランプ全体が完全密閉されている為、外気の影響によるリフレクターのめっきの劣化が発生しづらく、紫外線などに起因する劣化が発生したとしても、シールドビーム全体の交換で対処可能である。近年の内部のバルブのみ交換可能なランプの場合、密閉不良に伴うランプユニット内への水分の浸入や、粗悪なHIDバーナーの使用などによる紫外線でめっきの劣化が発生した場合、ランプユニット全体を交換するか、ユニットを分解してリフレクターの再めっきを施す必要があるが、シールドビームの交換はこれらの修理に比較すれば費用が安価である。
短所
  • レンズとリフレクターが一体化しているため、電球寿命による交換時には必然的にそれらを含めた交換となる。従来のランプハウスでは安価に部分交換できたレンズやリフレクターの破損でも全交換に該当し、場合によっては修繕代が高くついてしまう
  • 自動車部品の場合も、補修は原則としてシールドビーム全体の交換となる為、ことフィラメントのみが切れた場合にはバルブのみ交換可能なタイプと比較して修理費が高価になりやすい。後者のタイプはレンズの一部が欠けたりした場合でも、バルブが割れていなければ点灯の継続が可能であるが、シールドビームはレンズの破損は電球としての機能全体の喪失に直結する。

用途[編集]

自動車向け
自動車の前照灯改良の過程で商品化されたため、主に自動車のそれに用いられることが多く、特にアメリカ市場においては、1940年から1983年にかけての44年間、規格サイズのシールドビームの装着が義務付けられていたこともあり、欧州車日本車もアメリカ市場向け車両は必ずシールドビームが装着されることとなっていた。しかし、規格化されたことで大きさ・形状が決まってしまい、車両デザインの幅が狭まったことで没個性化の原因の1つとされ、後により高輝度・長寿命な白熱電球等が作られたことで、自動車用のそれは新車では用いられなくなっている。また、ハロゲンランプに比べて輝度が低いこと、構造上レンズの材質がガラスに限定される為に人身事故を想定した衝突安全性を満たせないことなどから、保安基準に適合しなくなっており、日本国内メーカーでは生産が中止されて入手が困難な事例も発生している。こうした近況に対して、純正部品の供給では代替として外部形状は同じでバルブのみハロゲンバルブに交換できる構造の「セミ・シールドビーム」や、構造上はシールドビームであるが、フィラメントを白熱電球からハロゲンランプに置き換えて光量の向上を図った「シールドビーム・ハロゲン」と呼ぶ一体式が、主に角型ランプを中心に用意されている。
鉄道車両向け
鉄道車両では列車の高速化に伴い、標識灯として従来の電球よりも輝度を確保できることから、1970年頃になって普及したが、2000年頃にはHIDLED等の普及により、新型車両では少なくなってきている。

関連項目[編集]