シングルスピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シングルスピードのマウンテンバイク

シングルスピード(single speed)とは自転車の一形態である。スポーツ用の自転車で、変速機のないものを指す。

概要[編集]

厳密には多くの軽快車BMXなどもシングルスピードと言えるが「シングルスピード」という言葉は普通マウンテンバイクロードバイクなど変速機付きが前提である車種について言い、シングルスピードはその前提に対するアンチテーゼである。

この種の自転車はダイヤモンドフレームのものがほとんどでフリーホイール機能の後輪を持ち、一枚ずつしかない前後のスプロケットチェーンでつながれている。変速機がなくシンプルな構造をしており非常に頑丈、また安価で軽量。それでいて固定ギアのように扱いにくい事はない。また変速機つきの自転車に比べて同じ距離を走るならばシングルスピードの方が筋力、持久力のトレーニングとして効果が高い。余分なものを持たないシンプルな外見といった長所がある。しかしながら変速機がないので自分の身体に合ったギア比を知っておき、地形に合わせて選択できる事が好ましい。

変速機能のついた自転車と比べると特徴としてはハンドル幅が長く、クロスカントリー競技指向でもダウンヒルフリーライドで使われるライズバーを装着している事が多い。またクランク長も長めのものを選択している。これはトルクをかける事ができるポジションやペダリングに対応している。

サイクルスピードウェイではこの自転車を使用して競技を行っており、短距離ダッシュを繰り返すためギアをショートにし、ハンドルバーはアップタイプを装着している。

固定ギアとの違い[編集]

一見すると同じ構造のようだが、フリーホイールギア付きのシングルスピードバイクと固定ギア付きのピストバイク(トラックレーサー)は似て非なる自転車である。共に1速しかギアがないが、固定ギア車では漕ぐのを止めても自転車が(慣性や下り坂などで)走り続けている限りはペダルは回り続けるため、足がペダルから離れるのを防ぐ為の装置(トークリップ等)が無ければ危険過ぎて乗ることが出来ない。一方、フリーホイールギアでは漕ぐのを止めればペダルは止まる。後者はあくまで変速機を略した自転車であり、高度な技術がなければ乗れないという事はない(内装変速機普及以前の軽快車も定義の上ではシングルスピードである)。もっともシングルスピード/ピストバイクには、リアホイールの両面にそれぞれフリーホイールと固定ギアを装備し、ホイールを反転させることでどちらの仕様にもできる物が多い。

マウンテンバイクとシングルスピード[編集]

マウンテンバイクで効率よくオフロードを走るためには広いギア域が必要になる。しかし、近年ではシングルスピードのマウンテンバイクが着実にシェアを広げている。これは、マウンテンバイクの激しい性能向上がマウンテンバイクの醍醐味の一つである「オフロードを悪戦苦闘して走破する」という楽しみ方をスポイルしてしまうためである。そのため、非競技指向のライダーの中にはシングルスピードやフルリジッド(前後共にサスペンションを採用しない)などのシンプルな車体でオフロード走行を楽しむ層が存在する。また、近年ではプロ競技でもシングルスピード限定のレースカテゴリが現れている。

改造[編集]

変速機のあるフレームでシングルスピードを作り上げる事も可能で、乗らなくなった古い自転車を簡単に改造して楽しめるというのも魅力のひとつである。そのためには「チェーンテンショナー」と呼ばれる部品でチェーンの引っ張り強度をある程度保つ必要がある。チェーンテンショナーは市販もされているが、使わなくなったリアディレイラーでも代用が可能。ただしチェーンラインはきっちり合わせる必要があり、これを怠るとチェーンがはずれたりするので注意を要する。

関連項目[編集]

  • 固定ギア
  • サーリー:シングルスピードのマウンテンバイクのフレームを出しているメーカー。