シンガービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガービル
高さ記録
世界一高い建築物 (1908年から1909年まで)[I]
先代 フィラデルフィア市庁舎英語版
次代 メトロポリタン生命保険会社タワー
概要
現状 解体
用途 商業ビル
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区ブロードウェイ149号
座標 北緯40度42分35秒 西経74度00分36秒 / 北緯40.70982度 西経74.01001度 / 40.70982; -74.01001座標: 北緯40度42分35秒 西経74度00分36秒 / 北緯40.70982度 西経74.01001度 / 40.70982; -74.01001
完成 1908年
解体 1968年
高さ
屋上 186.57m
技術的詳細
階数 47m
建設関係者
施工 ジェネラル・サプライ・アンド・コンストラクション・カンパニー
構造技術者 ボラー&ホッジ
脚注
[1][2][3]

シンガービル (Singer Building) は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにあった超高層ビルである。シンガータワー (Singer Tower) とも呼ばれる。

概要[編集]

所在地は、ニューヨーク市マンハッタンリバティストリート英語版ブロードウェイの間にあった。47階立て高さ187mで、シンガー・マニュファクチャリング・カンパニーの本社ビルとして1908年に竣工した[4]。1968年に再開発によって解体され、このビルがあった場所には現在はワン・リバティ・プラザ英語版が建っている。

歴史[編集]

このビルはシンガー・ミシン・カンパニーの社長であるフレデリック・ボーン英語版によって発注された。彼は、ボザール様式の初期の主導者であった著名な建築家アーネスト・フラッグ英語版を雇った[5]。フラッグは、現在のSoHo地区であるプリンス・ストリートとスプリング・ストリートの間の561 ブロードウェイにあったシンガー社の以前の本社ビルの設計も行っており、こちらのビルは新しいシンガービルができてからは"リトル・シンガービル" (Little Singer Building) と呼ばれるようになった[6][7]。施工計画と施工図はジョージ・W・コナブル英語版により作成された[8]

フラッグは10または15階以上のビルは通りから奥まったところに建てるべきだと考えていたため、タワー部分はこの区画の四分の一のみを占めている[5]。区画を占める12階立ての土台部分のビルに対して、タワー部分は比較的細いデザインとなっている。タワー部分の階は一辺が20 mしかない。

地上187 mの高さは、完成当時はフィラデルフィア市庁舎英語版を抜いて超高層ビルとして世界一となった。この記録は、1909年にメトロポリタン生命保険会社タワーが同じくマンハッタンのマジソンアベニュー23丁目に完成したことで塗り替えられた[5]。ただし、建築物としてこの当時世界一高かったのはエッフェル塔であったが、アメリカで一番高い建築物であったワシントン記念塔の記録は塗り替えた。また高層ビルではないがこの当時世界一高い建物であった、長い尖塔を持つモーレ・アントネリアーナはフィラデルフィア市庁舎よりも高かったが、この記録も塗り替えた。

高層ビル区画法 (Skyscraper zoning legislation) が1916年に成立し、フラッグの強い要請により、高いビルは通りから離して建てるべきだという彼の考えが組み込まれた[5]

1961年、シンガー社はこのビルを売却し、ロックフェラーセンターへ移転した[5][9]。そして、このビルは不動産デベロッパーのウィリアム・ゼッケンドルフ英語版によって取得され、実現しなかったがニューヨーク証券取引所をこの場所に移転させることを考えていた。1964年、USスチールが隣接するシティ・インベスティング・ビル英語版とともにこのビルを取得し、解体して新しいビルを建てることとなった。1960年代には、ビル内の床面積が小さいことから、このビルは非経済的になっていた。このビルのタワー部分は一階あたり390 m2なのに対し、新しく建てられたU.S.スチールビル(現在のワン・リバティ・プラザ英語版)は一階あたり3,400 m2であった[5]

解体が始まる1967年の時点で、ニューヨークは新しくランドマーク保全委員英語版を制定させており、シンガービルはニューヨークで最も象徴的な建築物の一つであると見なされていたが、解体を止めさせることになるであろうランドマーク認定を与えることはしなかった。その委員の理事であったアラン・バーナムは、1967年8月に、もしそのビルをランドマークとして指定するならば、ニューヨーク市はそのビルを保存するための代わの買い手を見つける必要があったと語っている。解体は1967年8月に始まり翌年に完了した。この時点では、それまでに解体されたことのある建物の中で最も高いビルとなった。この記録は、2001年のアメリカ同時多発テロ事件で崩壊したワールドトレードセンター二基によって塗り替えられ、シンガービルは解体されたビルの中で三番目の高さとなったが、完全に解体されたビルとしてはいまだ史上最も高いビルである[10]SoHoにある以前のシンガービル(リトル・シンガービル)はまだ現存している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シンガービル - Emporis(英語)
  2. ^ シンガービル - SkyscraperPage(英語)
  3. ^ シンガービル - Structurae database(英語)
  4. ^ Ripley, Charles M. (October 1907), “A Building Forty-Seven Stories High”, The World's Work: A History of Our Time英語版 XIV: 9459–9461, http://books.google.com/books?id=sojNAAAAMAAJ&pg=RA1-PA9459 2009年7月10日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f Gray, Christopher (2005年1月2日). “Streetscapes: Once the Tallest Building, but Since 1967 a Ghost”. The New York Times. http://travel.nytimes.com/2005/01/02/realestate/02scap.html 2010年8月1日閲覧。 
  6. ^ White, Norval & Willensky, Elliot (2000), AIA Guide to New York City (第4 ed.), New York: Three Rivers Press, ISBN 0812931076 , p.100
  7. ^ Gray, Christopher (1997年6月29日). “Style Standard for Early Steel-Framed Skyscraper”. The New York Times: p. 7. http://www.nytimes.com/1997/06/29/realestate/style-standard-for-early-steel-framed-skyscraper.html?scp=896&sq=corning&st=nyt 2010年8月1日閲覧。 
  8. ^ Larry E. Gobrecht (1983年4月). “National Register of Historic Places Registration: Jamaica Chamber of Commerce Building”. New York State Office of Parks, Recreation and Historic Preservation英語版. 2011年1月16日閲覧。
  9. ^ Fried, Joseph P. (1967年8月22日). “Landmark on Lower Broadway to Go”. The New York Times. http://select.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=F10710F6345F1A718DDDAB0A94D0405B878AF1D3 2010年8月2日閲覧。 
  10. ^ White, Norval & Willensky, Elliot (2000), AIA Guide to New York City (第4 ed.), New York: Three Rivers Press, ISBN 0812931076 , p.42

外部リンク[編集]

記録
先代:
フィラデルフィア市庁舎英語版
世界一高いビル
1908–1909年
次代:
メトロポリタン生命保険会社タワー
アメリカ一高いビル英語版
1908–1909年