シロタエギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロタエギク
Senecio cineraria 01.jpg
シロタエギク
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: キオン属 Senecios
: シロタエギク S. cineraria
学名
Senecio cineraria DC.
シノニム

Cineraria ambigua Biv.
Cineraria bicolor Willd.
Cineraria gibbosa Guss.
Cineraria maritima (L.) L.
Cineraria nebrodensis Guss.
Othonna maritima L.
Senecio bicolor (Willd.) Tod.
Senecio maritimus (L.) Rchb.
Jacobaea maritima (L.) Pelser & Meijden

和名
シロタエギク(白妙菊)
英名
dusty miller

Range map-Senecio cineraria-World.svg

シロタエギク(しろたえぎく、白妙菊)はキク科キオン属耐寒性多年草。別名 ダスティーミラー(Dusty miller)。

分布[編集]

原産地は南ヨーロッパ(地中海)海岸地帯であるが、現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い範囲と、北米・オセアニアなどに帰化している。

特徴[編集]

寒さには強いが高温多湿にやや弱い常緑多年草で、草丈50~100cmくらいになり、茎の下部は木質化する。葉は長さ10cmくらいで羽状の切れ込みがあり、は緑だが白い繊毛があり、白銀色に見える。日本では、6月か7月頃に黄色い花が開花する。

栽培[編集]

東京付近の気候では、秋彼岸頃にタネをまいて増やす。タネは細かいので、浅鉢にまいて下から吸水させた方がいいが、路地まきして播いた上を軽く手で押さえておき、水やりを丁寧にすれば割合よく発芽する。日向または半日陰のやや乾いた土地を好む。

利用[編集]

白い毛に覆われた葉を観賞するための草花だが、単独で植えてもあまり美しくなく、冬花壇にハボタンやパンジーなどと植えてそれらを引き立たせるために用いられることが多い。 手入れの良くない花壇から、進出して雑草化している場合もある。

画像[編集]