シャルロッテ・カロリーネ・ヴィルヘルミーネ・バッハマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルロッテ・カロリーネ・ヴィルヘルミーネ・バッハマン
Charlotte Caroline Wilhelmine Bachmann
基本情報
出生 1757年11月2日
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国 ベルリン
死没 1817年8月19日(満59歳没)
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国 ベルリン
ジャンル クラシック
職業 作曲家音楽評論家

シャルロッテ・カロリーネ・ヴィルヘルミーネ・バッハマンCharlotte Caroline Wilhelmine Bachmann 旧姓シュトゥーヴェ(Stöwe)、1757年11月2日 - 1817年8月19日)は、ドイツのソプラノ歌手、チェンバロ奏者、作曲家

生涯[編集]

シャルロッテはベルリンに生まれた。父は音楽家のヴィルヘルム・ハインリヒ・シュトゥーヴェ(Wilhelm Heinrich Stöwe)であり、彼女は幼少の頃から歌唱とチェンバロを習った[1]。9歳の時、フランツ・ベンダの息子のフリードリヒ・ベンダドイツ語版が始めたアマチュアコンサート(Liebhaberkonzerte)でデビューする。彼女は1785年9月20日にベルリンのヴァイオリニスト、カール・ルートヴィヒ・バッハマン(Karl Ludwig Bachmann)と結婚した[2]

シャルロッテは1791年ベルリン・ジングアカデミー創立メンバー20人のうちの1人であり[3]1797年から1806年にかけてのカール・ハインリヒ・グラウンの受難オラトリオイエスの死英語版」の年次公演を確立するのに主要な役割を果たした。この習慣は1884年までベルリンの宮殿で継続されていた[4]。彼女はベルリンではよく知られた演奏家であった。彼女の歌曲の1つが1787年ヨハン・カール・フリードリヒ・レルシュタープの「クラヴィーア・マガジン」(Clavier-Magazin)から出版されている[5]。シャルロッテはベルリンに没した[6]

作品[編集]

バッハマンは歌曲を作曲した。下記のものなどがある。

  • "Mädchen wenn dein Lächeln winket" (1787年)

脚注[編集]

出典

  1. ^ Blume, Friedrich; Finscher, Ludwig (1999). 音楽の歴史と現在. 2. 
  2. ^ Hartung, Aug.; Klipfel, Karl Wilh. (1818). Zur Erinnerung an Charl. Wilh. Karol. Bachmann, geborene Stöwe, Karl Friedr. Christian Fasch und Julie Pappritz, verehelichte Zelter. 
  3. ^ Zelter, Carl Friedrich; Rintel, Wilhelm (1861). Eine Lebensbeschreibung. 
  4. ^ Der Tod Jesu”. ハイペリオン・レコード. 2011年2月2日閲覧。
  5. ^ Bachmann (née Stöwe), Charlotte Caroline Wilhelmine”. 2011年2月2日閲覧。
  6. ^ Eberl, Kathrin; Musketa, Konstanze; Ruf, Wolfgang (2002). Daniel Gottlob Türk – Theoretiker, Komponist, Pädagoge und Musiker.