シモツケソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シモツケソウ属
Filipendula camtschatica 2.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: シモツケソウ属 Filipendula
学名
Filipendula L.
  • 本文参照

シモツケソウ属(シモツケソウぞく、学名:Filipendula、和名漢字表記:下野草属)はバラ科の一つ。

特徴[編集]

多年草根出葉と互生する茎葉がある。奇数羽状複葉で、頂小葉は大きな掌状で分裂し、側小葉は小型で明瞭でない場合があり、茎葉の上部の場合は側小葉がないこともある。托葉があり、草質で緑色か膜質で帯褐色になる。花序は散房状か円錐状の集散花序で、は白色か紅色で小型、花弁は4-5枚。は皿形で、裂片は4-5個あり反曲する。雄蕊は多数あり、心皮は3-10個まれに15個ある。

北半球の温帯から亜寒帯に10数種知られる。日本には5種が自生する。

[編集]

日本の種[編集]

主な外国の種[編集]

  • ホソバシモツケソウ Filipendula angustiloba (Turcz.) Maxim.
  • チイサンシモツケソウ Filipendula formosa Nakai
  • タイワンシモツケソウ Filipendula kiraishiensis Hayata
  • オレゴンシモツケソウ Filipendula occidentalis (S.Watson) Howell
  • ウラジロシモツケソウ Filipendula palmata (Pall.) Maxim.
  • アメリカシモツケソウ Filipendula rubra (Hill) B.L.Rob.
  • セイヨウナツユキソウ(栽培種)Filipendula ulmaria (L.) Maxim.
  • ロクベンシモツケソウ(栽培種、別名:ヨウシュシモツケソウ)Filipendula vulgaris Moench

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]