ザ・フォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・フォール
The Fall-10.jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
グレーター・マンチェスター
プレストウィッチ
ジャンル ポストパンク
インディー・ロック
オルタナティヴ・ロック
アート・ロック
アート・パンク
活動期間 1976年 -
レーベル ラフ・トレード・レコード
ベガーズ・バンケット・レコード
マタドール・レコード
Narnack
フォノグラム
パーマネント
スローガン
ドミノ・レコーズ
メンバー
マーク・E・スミス
エレナ・ポーロー
デイブ・スパー
ピート・グリーンウェイ
ケイロン・メリング

ザ・フォール (The Fall) はイングランドグレーター・マンチェスターのプレストウィッチにて1976年に結成されたロックバンドである。ジョイ・ディヴィジョンとともに1980年代を席巻したポストパンクブームの牽引者。

概要[編集]

機知と皮肉に富んだイングランドのロック・シーンの中でも『ニヒリズムの権化』とまで称せられるマーク・E・スミス(ボーカルギター)を中心とし、1976年の結成から現在にいたる30年以上のキャリアで、実に26枚のスタジオ・アルバムを発表している。

単純明快で即効性のあるギター・リフとベース・ラインが交錯するサウンドに乗せ、社会・政治・音楽業界を鋭く風刺、批判した歌詞を吐き散らす独特のスタイルを持つ。その精神は、今なお辛辣でリアリティにあふれており、現在も第一線で活動を続けている。

ソニック・ユースペイヴメントといったアメリカ合衆国オルタナティブ・ロックバンドへの影響は計り知れず、またレディオヘッドトム・ヨークもフェイバリット・バンドのひとつに挙げている。

バンド名はアルベール・カミュの『転落』に由来する。

メンバー[編集]

  • Mark E. Smith, - ボーカル・ギター
  • Elena Poulou, - キーボード (彼女はマークの妻でもある)
  • Orpheo McCord - ドラム

ザ・フォールは、上記のメンバーを固定とし、下記のメンバーはライブごとに入れ替えを行うローテーション制を導入している。

  • Tim Presley,
  • Pete Greenway - ギター
  • Rob Barbato,
  • Dave Spurr - ベース
  • Keiron Melling - ドラム

スタジオ・アルバム[編集]

  • Live at the Witch Trials (1979)
  • Dragnet (album)|Dragnet (1979)
  • Grotesque (After the Gramme) (1980)
  • Slates (album)|Slates (1981)
  • Hex Enduction Hour (1982)
  • Room to Live|Room to Live (Undilutable Slang Truth!) (1982)
  • Perverted by Language (1983)
  • The Wonderful and Frightening World of The Fall (1984)
  • This Nation's Saving Grace (1985)
  • Bend Sinister (album)|Bend Sinister (1986)
  • The Frenz Experiment (1988)
  • I Am Kurious, Oranj (1988)
  • Extricate (1990)
  • Shift-Work (1991)
  • Code: Selfish (1992)
  • The Infotainment Scan (1993)
  • Middle Class Revolt (1994)
  • Cerebral Caustic (1995)
  • The Light User Syndrome (1996)
  • Levitate (album)|Levitate (1997)
  • The Marshall Suite (1999)
  • The Unutterable (2000)
  • Are You Are Missing Winner (2001)
  • The Real New Fall LP (Formerly Country on the Click) (2003)
  • Fall Heads Roll (2005)
  • Reformation Post TLC (2007)