サヤドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サヤドービルマ語: ဆရာတော်, Sayadaw、サヤドセヤドーセヤド)とは、ミャンマー上座部仏教で「長老」を意味する敬称[1]

戦前・戦後のヴィパッサナー瞑想を中心とする上座部仏教の世界普及は、レディ・サヤドーマハーシ・サヤドーなどを源流とする、ミャンマー(ビルマ)の仏教僧・仏教界を中心に成されたので、その系列の組織においてはこの敬称を頻繁に目にする[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Sayadaw - The Concise Oxford Dictionary of World Religions
  2. ^ 講師紹介 - 日本テーラワーダ仏教協会

関連項目[編集]